Record China

ヘッドライン:

「インフル流行の日本に行っても大丈夫?」韓国で不安広がる

配信日時:2019年1月31日(木) 12時50分
拡大
28日、韓国メディア・ニューシスによると、韓国では旧正月連休に海外旅行を計画している人の間で「インフルエンザが猛威を振るう日本に行っても問題はないのか」と不安が広がっているという。写真は浅草。

韓国では2月2日から旧正月連休に入るが、海外旅行を計画している人の間で「インフルエンザが猛威を振るう日本に行っても問題はないのか」と不安が広がっているという。28日、韓国メディア・ニューシスが伝えた。

記事によると、旅行会社関係者は「現在までに日本旅行のキャンセルはほとんど出ておらず、大きな影響は出ていない」としている。他の関係者も「計画段階でインフルエンザのために取りやめた人はいるかもしれないが、購入済みの旅行商品をキャンセルしたケースはほとんどない」「キャンセル料のことを考え、予防接種を受けて予定どおり行こうと考える顧客が多いようだ」と話しているという。

記事は疾病管理本部のコメントを引用し「日本で流行しているインフルエンザは韓国内で受ける予防接種で予防が可能な型であり、万一感染しても軽い症状で済む」と説明している。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「この連休はやめておけば?感染したら周りに迷惑だ」「こんなに注意喚起してるのに旅行をして病気になっても税金で治療してほしくない」「行って感染した人には医療保険を適用してやるな」という意見が上がっている一方、「旅行をするのは自由でしょ。どうして非難されなきゃいけない?」「PM2.5が多い韓国のほうが問題だ」「日本のインフルエンザ患者が200万人というと怖い気がするけど、韓国でインフルエンザがはやれば年間100万人は感染する。日本は人口が1億を超えるんだから、200万人ならましなほうだ。韓国メディアが大げさに言ってるだけ」「すでに連休の成田行き航空券は完売。誰よりも日本を愛する民族、韓国人」などという声も多く寄せられている。(翻訳・編集/麻江)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

大気汚染が深刻な韓国、初導入の気象航空機が全く役に立たず=ネットから批判の声

23日、韓国・ヘラルド経済によると、韓国でPM2.5などによる大気汚染が社会問題化する中、政府が160億ウォンをかけて導入した気象航空機が昨年4月以降、黄海上の空気質の航空観測を1度もしていないことが分かり、物議を醸している。写真はソウル。

Record China
2019年1月26日 11時30分
続きを読む

ランキング