ネットで人気の日本の咳止め薬は「神薬」にあらず―中国メディア

配信日時:2019年1月31日(木) 17時40分
ネットで人気の日本の咳止め薬は「神薬」にあらず―中国メディア
画像ID  1062985
中国メディアの中華網は28日、インターネット上で販売されている日本製の咳止め薬について紹介した。資料写真。
中国メディアの中華網は28日、インターネット上で販売されている日本製の咳止め薬について紹介した。

記事によると、肖(シャオ)さんの娘(3)は最近、しつこい咳に悩まされ、夜もよく眠れなかった。薬を飲ませてもすぐに吐くため、家族は心配していた。肖さんある日、SNSのグループチャットで、知人がネットショップで購入したという日本の咳止めテープを紹介しているのを見たという。

「胸に貼るだけでほとんどの咳が治る。副作用なし」などとうたわれていたため、肖さんは興味を持ってネットで検索。多くの人が購入している一方で、中には「アレルギー反応が出た」というコメントもあった。そこで肖さんは、武漢児童医院を訪れ「この薬は本当にそれほど効果があるのか」と尋ねた。

対応した薬剤師の徐華(シュー・ホア)さんは、「これは処方薬で、自由に使用していいものではありません。有効成分はツロブテロールで、気管支を拡張する作用があります。類似製品は中国国内にもありますが、中国のものも日本のものも、気管支ぜんそくや急性気管支炎、慢性気管支炎などによる呼吸困難を緩和するためのもの。かぜや痰が絡む咳などには効果が薄いです」と説明した。

さらに、「飲み薬に比べて貼り薬は安全というのは誤った認識で、副作用は同じようにある。よく見られるのは動悸や吐き気、皮膚炎などです」と警鐘を鳴らしたという。

中国では日本製の医薬品が「神薬」などと呼ばれ、高い人気を博している。昨年7月には、中国人が日本の医薬品を中国に不正転売する事例が相次いだことから中国総領事館が注意喚起。同12月には、中国人向けに日本の薬を無許可販売したとして、埼玉県の医薬品卸売会社社長らが逮捕される事件が起きた。(翻訳・編集/北田
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ロビタ***** | (2019/04/11 23:39)

    これは、本来薬屋で販売されるものではない。 今中国に出回っている薬が怖いのは、日本のドラックストアーで普通に日本人向けに販売しているものは本当に日本で研究されて完成したものだからとても良く効きます。 だがもう一つは今回の様に日本国内でも、ある特定の病気が酷い人限定に病院で処方される薬です。 日本では病院で処方される薬が一番効果が強いですが、一番大切なのは医者が患者の症状や健康状態を見極めて薬を処方して出すものであって、重大の病気でも無い人にこの薬を使わせたら、違う病気が感染してしまうリスクがあるという事。 一番分かりやすいのが風邪薬、鼻水が止まらない人や咳が止まらない人、熱が高い人、総て症状によって薬を代える必要が有ります。 やりがちなのが高熱でも無いのに、熱を下げる薬なんて飲むと低温症になってしまう。 日本の市販されている来すりでも十分効くから日本の処方薬は処方されて無い人は使ってはな
    このコメントは非表示に設定されています。
  • har***** | (2019/02/04 21:55)

    中国が神薬と言ってるのは「龍角散」だろう
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事