【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

二宮和也が2017年9月に語った「嵐の原則」が中国で話題に

配信日時:2019年1月28日(月) 18時0分
二宮和也が2017年9月に語った「嵐の原則」が中国で話題に
画像ID  1062889
28日、日本の人気アイドルグループ「嵐」の突然の活動休止宣言に関連し、中国版ツイッターのウェイボーでは、メンバーの二宮和也が2017年9月に語ったグループ内のある「原則」が注目を集めている。
2019年1月28日、日本の人気アイドルグループ「嵐」の突然の活動休止宣言に関連し、中国版ツイッターのウェイボー(微博)では、メンバーの二宮和也が17年9月に語ったグループ内のある「原則」が注目を集めている。

日本関連の話題を主に投稿しているウェイボーの人気アカウントはこのほど、二宮が日本のテレビ番組内で「グループで大事にしていること」として、「グループ内の決めごとは守る。嵐は民主主義。AとBがあり、Aが2人、Bが3人になった場合、Aの2人もBに乗っかる。一方で、1人がやりたくないと言ったものは絶対にやらない。民主主義は崩れるが、1人がやりたくないと言ったものは、いまだにやっていない」と語ったことを紹介し、「いまこれを見て悟った。人生で知己(親友)を得るのは難しいが、彼らにはそれぞれリスペクトし合い助け合う4人の親友がいる。とてもうらやましいことだ」と記した。

嵐は27日、ファンクラブサイトで20年12月末をもっての活動休止を発表した。夜にはメンバー5人による記者会見が開かれた。リーダーの大野智によると、17年6月中旬ごろ、嵐としての活動をいったん終えたいという自身の思いを他の4人に伝えた。その後、話し合いを重ね、18年2月に所属するジャニーズ事務所に報告したという。

二宮和也が語ったグループ内の「原則」について、中国のネットユーザーからは「これが嵐が国民的グループになれた理由」「人は離れても心は離れない」「活動休止は理論上では理解するけど、感情的にはやはり受け入れられない」「ようやく止まった涙が、この動画を見てまたあふれてきた」「嵐と比べられるグループは一つもない」「嵐は神話になった」などの声が上がっていた。(翻訳・編集/柳川)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事