Record China

ヘッドライン:

大坂なおみは日本の“国宝級選手”羽生結弦にも劣らない―中国メディア

配信日時:2019年1月28日(月) 17時20分
拡大
全豪オープンで優勝を飾った大坂なおみについて、中国のスポーツメディア・新浪体育は26日、「その“統治力”は羽生結弦にも引けを取らない」と伝えた。写真は大坂なおみ。

全豪オープンで優勝を飾った大坂なおみについて、中国のスポーツメディア・新浪体育は26日、「その“統治力”は羽生結弦にも引けを取らない」と伝えた。

大阪は同日に行われた全豪オープン決勝で、世界ランク6位のペトラ・クビトバ(チェコ)を7-6、5-7、6-4で破り日本人初の優勝を果たした。

記事は、「大坂は4大大会の優勝回数(2回)ですでに中国の李[女那](リー・ナー)に並んだ」とした上で、「現在の問題は、彼女が日本スポーツ界のナンバーワンになれるかどうか。競技によって異なるので一概には言えないが、影響力や統治力(その競技における強さ)について言えば、トップでないにしても間違いなく有力候補だ」と絶賛した。

どの国にも、国民的なアスリートは存在する。中国では、李[女那]やバスケットボールの姚明(ヤオ・ミン)、陸上の劉翔(リウ・シアン)らの名前が挙がる。記事は、4大大会で2度優勝した李[女那]が中国スポーツ界で確固たる地位を築いたことに触れ、同じく4大大会で2度目の優勝を果たした大坂について「日本スポーツ界を揺るがすことになるだろう」と予想した。

そして、米メジャーリーグのエンゼルスで“2刀流”として活躍する大谷翔平や体操個人総合10連覇の内村航平、競泳の萩野公介、バドミントンの桃田賢斗、卓球張本智和、レスリングの伊調馨ら名だたるアスリートをライバルとして挙げた。そして、最大のライバルとして羽生結弦の名前を挙げ、「平昌五輪で66年ぶりの五輪連覇を達成。フィギュアスケートというスポーツを新たな高みに引き上げた日本の国宝級人物」と紹介。大阪は「羽生結弦に対抗できるだけのものを持っている」とした。

記事は、「振り返ると、日本スポーツ界には北島康介、室伏広治、中田英寿、葛西紀明ら世界的なスターが絶えず生まれてきた。大坂なおみがこうした先輩たちをすでに超えたかどうかについては、1000人いれば1000通りの考え方があるだろう。しかし、確実に言えることは、大阪が残した成績は長い歴史においても語り継がれるものであり、少なくとも錦織圭を上回り、日本テニス界のトップに上り詰めたということだろう」と伝えた。(翻訳・編集/北田

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

全米OP制覇の大坂なおみ、中国語の名前が変更される=中国ネット「日本人らしくなくなった」「じゃあ浜崎あゆみは…」

10日、WTAの中国版ツイッター・微博アカウントは、全米オープンで初優勝を果たした大坂なおみの中国語表記について「大坂直美」ではなく「大坂娜奥米」を正式なものとする声明を発表した。写真はUSTAナショナルテニスセンター。

Record China
2018年9月11日 14時40分
続きを読む

ランキング