Record China

ヘッドライン:

台湾初の国産潜水艦の設計、日本の「そうりゅう」にそっくりと指摘―台湾メディア

配信日時:2019年1月28日(月) 12時10分
拡大
27日、台湾・自由時報は、台湾が発表した初の国産潜水艦の設計が、日本のそうりゅう型潜水艦にそっくりであるとの指摘が出ていると報じた。資料写真。

2019年1月27日、台湾・自由時報(電子版)は、台湾が発表した初の国産潜水艦の設計が、日本のそうりゅう型潜水艦にそっくりであるとの指摘が出ていると報じた。

記事は、台湾海軍がこのほど台湾初となる国産潜水艦(IDS)の設計を完了し、設計に参加した将校らのために、IDSのデザインが描かれたキーホルダーとネクタイピンを制作したと紹介。記念品を手に入れた退役軍人の王志鵬(ワン・ジーパン)氏がその写真をネットに掲載したところ「IDSは日本のそうりゅう型潜水艦の縮小版である可能性が高い」との指摘が出たという。

王氏は、「ディーゼル・エレクトリック潜水艦であるIDSの船首外観は楕円形の葉巻たばこ型になっており、同様のフォルムをしているディーゼル・エレクトリック潜水艦はほかにそうりゅう型潜水艦しかない」としている。また、IDSのセイルが台形を呈している点もそうりゅう型潜水艦およびドイツ海軍の212潜水艦に似ているとのことから、王氏は「外側の構造からみると、IDSには日本とドイツの技術的要素が存在する」との認識を示している。一方で、そうりゅう型潜水艦に配備されている側面アレイソナーや船尾のえい航式パッシブソナーが採用されているかは「分からない」とした。

台湾新生報の28日付報道によると、この件について台湾海軍司令部は27日に「報道の内容は事実と異なる」との声明を発表している。(翻訳・編集/川尻

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング