Record China

ヘッドライン:

楽しくにぎやかな新春、喜びにあふれた新たな年ー2019年の「春晩」が幕を開ける

配信日時:2019年1月27日(日) 11時30分
拡大
 春節(旧正月、2019年は2月5日)が近づいてきて、全世界の華人は中国中央テレビの番組である「2019年春節聯歓晩会(春晩)」がどのようなものになるかと、期待をふくらませて待っている。中国中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ)が成立して初めての「春晩」として、今年の「...

 春節(旧正月、2019年は2月5日)が近づいてきて、全世界の華人は中国中央テレビの番組である「2019年春節聯歓晩会(春晩)」がどのようなものになるかと、期待をふくらませて待っている。中国中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ)が成立して初めての「春晩」として、今年の「春晩」は「新たな時代に突き進み、幸せな年を迎える」をテーマに、守正創新(正しきを守り刷新)、弘揚主旋律(主旋律を弘揚)、伝逓正能量(プラスのエネルギーを伝達)を貫き、楽しさとめでたさ、喜びに満ちあふれた新春の雰囲気を作り出し、全世界の華人に年越しの夜の大盛のごちそうを献上するものだ。

★歓声とコントで新たな飛躍、しゃべくりの出し物で嬉しい驚き★

 漫才やコントはこれまでの「春晩」でも最も期待され、注目を集めてきた。2019年の「春晩」は全国のお笑い界から最強の脚本・演出・出演の最高陣営が結集し、生活関連のホットスポットに、これまで以上に密着する。例えば、人と人の間の信用問題や、消費者とサービス側の相互理解、市場における詐欺の暴露、官僚主義に鞭打つ作品などで、ユーモアの手法を積極的に用いた新たな方法で社会のホットスポットを浮き彫りにして、観衆の笑い声と拍手、そして共感を生み出すものだ。

 今年の「春晩」のお笑いの演目の出演者の陣容は強大だ。新世代の漫才芸人やトーク番組の人気者、テレビや映画の出演者、さらにはコントの実力者が集結する。その陣容には配慮があり、分野を超えた組み合わせの効果は驚きと喜びを十分に実現する。全方位からさまざまな世代の視聴者をカバーして、さまざまな人の求めを満足しようと力を入れたものだ。

★歌と踊りが新春をにぎやかに、トレンドもレジェンドも出色★

 今年は、歌や踊りの演目も大胆に刷新された。メロディーは優美であり、含蓄は深い。

 歌の演目には「中国の夢」に関連する歌、新中国成立70周年を祝う歌、エバーグリーン、年越しの歌がある。クラシック系、民族歌謡、ポップスに分類することもできる。年代を経て大衆に支持され続けてきたエバーグリーンの名曲も、若者に人気のあるファッショナブルな歌もあり、人の心を温かくする歌も、中華の子女としての国に対する気持ちをかきたてる歌もある。ダンスの分野では年越しの踊り、中高年の人々などが屋外などで楽しんでいる「広場ダンス」、バレエ、ストリートダンス、子どもの踊りなど、さまざまな種類がある。歌や踊りの演目の質が高く、心や気持ちにしみわたるものになることは間違いない。

★天下の絶技が集結、五大流派の名人が春を祝う★

 今年の「春晩」の番組では、京劇を筆頭に、河南の豫劇、浙江などの越劇、安徽の黄梅劇、広東の粤劇といった四つの地方劇も中核として、一流の名人・俳優による中国伝統劇の美しさ、独自性、巧みさ、面白さを提供するのと同時に、中華の優秀な伝統文化の悠久の歴史の魅力と現代における風貌を伝える。

 今回の「春晩」に登場するマジックは「融合・互動」をモットーに、マジシャンが日常生活で身近な物を使い「小にして卓越」したパフォーマンスにより、マジックのすばらしさを十分に発揮する。そして観衆にマジックの不思議さと魅力を伝えると同時に、団らんの喜びと、台湾海峡の両岸が一家族として睦みあう美しき願いを伝える。

★メディア融合で力強く伝える、新年の祝いは喜びの上にまた喜び★

 2019年、中央テレビの「春晩」は初めて、全メディアが同時に伝えることになった。中でも携帯向けでは、番組を普通に視聴できるだけでなく、百度(バイドゥ)と抖音(Tiktok)がマルチスクリーンの方式も連動させ、「春晩」にめでたい気分をさらに添え、心からの祝賀を届ける。

 今年の「春晩」にはインタラクティブな「お年玉」でも新たな飛躍がある。ユーザーは百度のアプリを利用するだけで、携帯で「春晩」を見るのと同時に、さまざまな「お年玉」が獲得できるサプライズのチャンスがある。

 「春晩」は同時に、「幸福な新たな一年」をテーマに、抖音の公式アカウントにより全世界をカバーするニューメディアのアクションを実現する。ショートムービーを利用して、春節期間のラッキーなこと、素晴らしいことを示し、年越しや団らんの雰囲気を盛り上げ、楽しく縁起よく、喜びに満ちあふれた幸福な暮らしを目の当たりに見せ、全世界の華人の大いなる交歓を実現する。中央テレビの2019年の「春晩」は中国のテレビ産業の強大な凝縮力、向心力、影響力を具現化し、全力をもって人々の心を引きつけ、人々の心を温め、人々の心を一つにする高いレベルの「春晩」を作り出す。旧暦大晦日には絶対に、番組を囲んで共に過ごそう!

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【映像紹介】
新型コロナウイルスの脅威にさらされた武漢、最新ドキュメンタリー 動画はこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

【CRI時評】改革開放の深化、中国は有言実行

 中国国家副主席の王岐山氏は今回のダボスでのフォーラムで次のように述べた。「経済のグローバル化は歴史的必然であり、その過程で発生した問題は状況に応じて処理せねばならない。また中国の選択は、ぶれずに足元をしっかり固め、発展を第一の要務として、全面的に改革を深め、ひたすら全方位対外開...

CRI online
2019年1月25日 23時50分
続きを読む

【CRI時評】中国を理解する鍵

 国際交流において中国人が最も困惑することの一つは、外部の中国に対する不十分な理解であり、それが誤解や曲解さえも生み出してしまうことだ。同様に、外部、特に西側世界の中国の発展や政策などに対する好奇心も理解を難しくしている。中国の王岐山国家副主席は、スイスのダボスで行われている世界...

CRI online
2019年1月24日 17時15分
続きを読む

【CRI時評】仏独が「アーヘン条約」に調印、欧州に広がる利己主義の食い止めなるか?

 フランスのマクロン大統領とドイツのメルケル首相が22日、独西部の都市アーヘンで新たな友好条約「アーヘン条約」に調印した。両国は欧州一体化のプロセスにおいて「枢軸」としての地位を強化し、経済、外交、安全、防衛など鍵となる問題において協調の立場、「意見の一致」を示していくことで一致...

CRI online
2019年1月23日 16時45分
続きを読む

【CRI時評】グローバリゼーション4.0の未来は各国の協力によって創り上げられる

 ダボスで22~25日の日程で開かれる世界経済フォーラムの2019年年次総会(ダボス会議)はいささか「冷え込んでいる」ようだ。政府機関の閉鎖で米国は代表団派遣を見送り、「黄色のベスト」運動への対応、海外企業のトップらを招いた2回目の会合の開催を迫られた仏指導者はフォーラムに参加す...

CRI online
2019年1月22日 17時40分
続きを読む

【CRI時評】中国の「経済成績表」を見る

 中国では21日、2018年の「経済成績表」が発表された。うち、国内総生産(GDP)は前年比6.6%増で初めて90兆元を突破し、6.5%成長とされた予定目標を達成した。消費者物価指数(CPI)は2.1%の成長で、3%前後という予定目標を下回った。都市部における新規雇用者数は136...

CRI online
2019年1月21日 21時30分
続きを読む

ランキング