【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

美しき童心と郷愁、日本の明治・大正童謡作品集の書籍が中国で発売

配信日時:2019年1月27日(日) 6時0分
美しき童心と郷愁、日本の明治・大正童謡作品集の書籍が中国で発売
画像ID  1062501
25日、新京報によると、中国でこのほど明治・大正期の日本の童謡を中国語訳した書籍が発売された。
2019年1月25日、新京報によると、中国でこのほど明治・大正期の日本の童謡を中国語訳した書籍が発売された。

記事は「日本は詩歌を愛する国であり、最古の『万葉集』から現在に至るまでの長きにわたり、人びとは生活中の喜怒哀楽、生死や老いなどを歌声により表現してきた。同様の生き生きとした表現を翻訳するのは難しいが、そこには子どもの天真らんまんさ、郷愁などの感情が随所にあふれ出ているのである」と紹介した。

また、大正時代に創刊された童謡・童話雑誌「赤い鳥」を取り上げて「第1次世界大戦、関東大震災などの大きな事件が起き、世界の構図が目まぐるしく変化していくなかで、日本の童謡はどんどん人材を輩出していった。童謡界では北原白秋を中心とし、この雑誌が大きな影響力を持ち、童謡や児童文学普及のきっかけとなる『赤い鳥運動』を引き起こした」と伝えている。

そして、昨年2018年が「赤い鳥」創刊100周年に当たるとし、この節目に際して中国で出版される「日本童謡」という本には、「赤い鳥」に収録された童謡が多く紹介されており、そこからは日本の大正時代の社会、思想文化を垣間見ることができると説明。また竹久夢二などによる挿絵も収録しており、「翻訳によっても言葉の隔たりは完全に取り去れないが、読んでみれば何か感じるものがあるはずだ」としている。

記事によれば、書籍「日本童謡」では北原白秋のほか、金子みすゞ、宮沢賢治など日本を代表する詩人、童話作家の作品が紹介されているという。(翻訳・編集/川尻
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事