わずか21歳…大坂なおみの快進撃、われわれは「残酷な現実」を受け入れなければならない―中国メディア

配信日時:2019年1月26日(土) 12時30分
大坂なおみの快進撃、「残酷な現実」を受け入れなければ―中国
画像ID  1062485
26日、上観新聞は、日本の女子テニスプレーヤー・大坂なおみの快進撃について「われわれは『残酷な現実』を受け入れなければならない」とする記事を掲載した。
2019年1月26日、上観新聞は、日本の女子テニスプレーヤー・大坂なおみの快進撃について「われわれは『残酷な現実』を受け入れなければならない」とする記事を掲載した。

記事は「テニスはずっと欧米人の得意競技であり続けてきたが、中国の李娜(リ・ナー)が全仏と全豪を制したことで、アジア人がテニスの舞台で注目を集めるようになった。李娜はしばらくアジア最高の女子プレーヤーの地位を保ってきたが、ここにきて日本の大坂なおみが出現した」と伝えた。

そして、現在21歳の大坂について2016年シーズンに頭角を現して世界ランキングを203位から一気に40位にまで上げ、その年のWTA最優秀新人賞を獲得したと紹介。昨年には弱冠20歳でアジア人初の全米オープン制覇という偉業を成し遂げたことで、李娜としばしば比較されるようになったとする一方、「李娜が最初にグランドスラムを制覇したのは28歳のとき。それを大坂は20歳でやってしまったのだから、本当に末恐ろしい」と評している。

また、今回の全豪オープンでは試合後に中国メディア向けの記者会見が行われたことを紹介。その中で大坂が「米国で育ったが、母親がチャイナタウンで仕事をしていたことがあり、小さい頃はよくチャイナタウンに通っていた。ギョウザが超大好き」と語り、彼女が持つ「中国属性」について伝えた。さらに、昨年李娜とのツーショット写真がSNSで公開されたことについて「あの時はとても緊張した。李娜が大好きだから。彼女に会えて、しかも私にフレンドリーにしてくれたことは、一生忘れられない思い出」と語ったとしている。

記事は「李娜を抜くのは時間の問題だ。もし今回の全豪オープン決勝でクビドバを破れば、李娜が持つグランドスラム優勝回数に並ぶだけでなく、世界ランクでも李娜が成し得なかったアジア人初の1位に立つことになるのだ」と結んだ。(翻訳・編集/川尻
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • Ser***** | (2019/01/26 22:44)

    おめでとう!なおみちゃん! 見事、男女含め<アジア人初>の「世界ランキング1位」になったね。 近い将来、必ず1位になる選手だとは思っていたが、 まさか、こんなに早くこの日が来るとは。 昨年、USオープンで初優勝した際は、なおみちゃんが日本人かどうか 論争になる残念な現象が日本国内で起きたが、彼女が日本人である事は、 素行のあちらこちらに出ている。 相手に挨拶をする時(選手に対しても関係者に対しても) 会釈をする。 常に謙虚である。 どんな相手に対しても敬意を表し称える。 米国で育とうが、日本語が堪能じゃなかろうが、 彼女は素行が間違いなく日本人だ。 優勝の瞬間、コートに大の字で寝転んだり、 ど派手に騒ぎまくらない控えめな所も、非常に好感が持てる。 やっぱりスポーツの魅力って、「強さ」だけじゃないんだよなと、 海外で活躍する多くの日本人選手を見て、誇らしく思うよ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事