韓国メディア、ジャパンタイムズの“慰安婦”呼称変更に懸念「歪曲の恐れ」

Record China    2019年1月25日(金) 16時10分

拡大

25日、英字紙ジャパンタイムズが慰安婦や韓国人元徴用工に関する呼称を変更したことについて、韓国・KBSが「意味が歪曲される恐れがある」と指摘した。写真はソウルの慰安婦像。

2019年1月25日、英字紙ジャパンタイムズが慰安婦韓国人元徴用工に関する呼称を変更したことについて、韓国・KBSが「意味が歪曲(わいきょく)される恐れがある」と指摘した。

ジャパンタイムズは昨年、韓国最高裁が日本企業に韓国人元徴用工への賠償を命じる判決を出した後、今後は徴用工問題で「forced labor(強制労働)」ではなく「wartime laborer(戦時中の労働者)」の表現を使うと発表した。また、慰安婦問題でも「comfort woman(慰安婦)」を「woman to provide sex to Japanese soldiers(日本の軍隊に性行為を提供する女性)」と表現するとした。

これについて同紙は「地域によりさまざまな事例があり、誤解を招く可能性があるため」と説明した。しかしKBSは「慰安婦と強制徴用が日本軍により強制的に行われたという意味が省かれることになり、意味が歪曲される恐れがある」と指摘。また、一部から「日本政府がメディアに圧力をかけたのではないか」との疑惑が持ち上がっていることも紹介している。

これについて、韓国のネットユーザーからは「これが日本の本心。過去について全く反省していない」「日本の歴史歪曲はまだ続くのか」「日本はいつか孤立する。日本のこの態度を世界が見過ごすはずない」など批判の声が上がっている。

また、韓国政府に対し「強硬な対応が必要だ」「国防にもっと力を入れるべき。またいつ日本に攻められるか分からない」などと訴える声の他、「安倍首相が必死になっているところを見ると、日本にとって文大統領が脅威であることは間違いないようだ」との声も見られた。(翻訳・編集/堂本

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携