ファーウェイ5G、「30の契約」の内訳―中国メディア

配信日時:2019年1月25日(金) 15時40分
ファーウェイ5G、「30の契約」の内訳―中国メディア
画像ID  1062179
24日、環球網は、ファーウェイが開いた5G通信設備に関する発表会で、同社の幹部が「ファーウェイはすでに世界で30の5G通信商用契約を結んでいる」と発言したことを報じた。資料写真。
2019年1月24日、環球網は、ファーウェイが開いた5G(次世代移動通信システム)通信設備に関する発表会で、同社の幹部が「ファーウェイはすでに世界で30の5G通信商用契約を結んでいる」と発言したことを報じた。

記事は、24日に北京で開かれた同社の5G 通信設備発表会にて、同社の丁耘(ディン・ユン)常務取締役は、同社がすでに世界に先駆けて30の5G商用契約を結び、その内訳が欧州18件、中東9件、アジア・太平洋3件となっていることを明らかにしたと紹介。また、すでに世界各地に2万5000を超える5G基地局を提供していると発言したことを伝えた。

また、同日の発表会では同社が世界初となる5G基地局向けチップセット「天罡」(ティエンガン)を発表したと紹介し、演算能力が既存品の2.5倍に向上したほか、世界初かつ世界で唯一200メガヘルツ帯域幅をサポートし、従来品より寸法を55%、重量を23%、消費エネルギーを21%それぞれ縮小することに成功したとしている。

記事はまた、ファーウェイの創業者である任正非(レン・ジョンフェイ)CEOが先日国内外のメディアから取材を受けた際に「世界で5Gができるメーカーは数社あるが、5G基地局と最先端のマイクロ波技術を結合できるのはファーウェイだけだ。これは非常に経済的かつ科学的な方式であり、ファーウェイ抜きでやろうとすれば非常に高いコストがかかる。一部の国でファーウェイの5Gを禁止するというが、時期が来ればみんな売ってくれと言ってくるだろう」と述べたことを伝えた。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • mor***** | (2019/01/25 21:37)

    「一部の国でファーウェイの5Gを禁止するというが、時期が来ればみんな売ってくれと言ってくるだろう」←きっと言わないww どんな天秤に載せてもリスクの方がデカ過ぎるからな。 買ってくれるのは多少の情報漏洩など気にならない新興国くらいじゃねーの?
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事