<サッカー>中国は日本に学べない、なぜなら「民族性」がまるで違うから―中国メディア

配信日時:2019年1月30日(水) 21時50分
中国サッカーは日本に学べない!「民族性」がまるで違う―中国メディア
画像ID  1062139
中国のスポーツメディア・網易体育は29日、サッカーのアジアカップで中国が0—3で敗れたイランを相手に、日本が3—0で勝利したことについて「中国サッカーは日本に学ぶことはできない」と題するコラム記事を掲載した。写真は中国VSイラン。
中国のスポーツメディア・網易体育は29日、サッカーのアジアカップで中国が0—3で敗れたイランを相手に、日本が3—0で勝利したことについて「中国サッカーは日本に学ぶことはできない」と題するコラム記事を掲載した。

記事はまず、日本の勝利について「『うらやましくて嫉妬』というのがほぼすべての中国サポーターの一致した感情だろう。それと同時に、中国サッカーはこの20年余り一体何をしていたのかと繰り返し責め立てている」とし、「多くの人が『日本に学ぶべきだ』と主張している。『ユース年代を着実に育成し、一つひとつ積み重ねていくことで初めて、10年、20年後の状況を変えられる』と。しかし、中国サッカーは果たしてこれを実現することができるのか?」と疑問を提起。そして、「歴史を見ても、日中の民族性の顕著な違いが、日本人の歩む道を中国人がまねできないことを決定している」と指摘した。

記事が挙げた「歴史」とは、19世紀後半のこと。「日本は明治維新によって新政府が誕生し、近代化が押し進められた。廃藩置県によって中央集権国家となり、日本人も全国で上から下まで心を一つにして発展を目指した。大きく発展した欧州に工業や教育、司法、軍事を学び、列強に肩を並べていった。一方、清政府も洋務運動によって多くの人材が西洋に留学。英国やフランスなどから軍艦を100隻近く購入し、北洋水師(海軍)は当時アジアトップだった。これには日本人も危機感を覚え、海軍力を強化。全国で最新の軍艦購入のための募金が行われ、天皇までもが皇室経費をねん出した」とした。

その上で、「この時の清政府は、洋務運動がもたらした虚栄に浸り、海軍の経費を徐々に削減。西太后は主力級の軍艦が買える金を頤和園などの庭園に費やした。北洋水師は十分な維持・保養がなされず、弾薬の備蓄にすら問題が起きていた。そしていざ黄海海戦が勃発すると、日本の連合艦隊の火力は北洋水師の6倍にも達した。兵士は奮闘したが、実力上の差を逆転する力はなかった」と解説した。

記事は、「明治維新から120年後の1988年、日本サッカー協会の会長に川淵三郎氏が就任した。当時、日本はアジア2流で、日本人でさえサッカーに期待を抱いていなかった。しかし、人気漫画の『キャプテン翼』の熱もあり、93年にはJリーグが開幕。3年後には『百年構想』が策定された。そして現在、2050年までにワールドカップ(W杯)を日本で開催し、その大会で優勝することが掲げられている」と紹介した。

そして、「こうした目標の下で、日本は多額の資金を投入して青少年の育成に努めてきた」とし、「全国高校サッカー選手権大会では4000を超えるチームが競い、その中から日本代表になる柴崎岳や長友佑都といったスター選手も生まれた」とした。一方、中国については「Jリーグ開幕から1年後にプロ化されたが、影響力の拡大とは裏腹にサッカー人口は減少。多くのクラブチームはトップチームにだけ資金をつぎ込み、ユース年代を重視しなかった。学園サッカーはより悲惨で目も当てられず、『サッカー体操』なるもので体裁を繕うだけ。指導部は1年に少なくとも一つは新しい政策を打ち出し、その振り回され具合はあの太后と通じるものがある」と切り捨てた。

記事は、「歴史をかがみに。この100年余りを隔てた二つの歴史は、その過程も結果も似ている」とし、「日本は一つのことを決めると、きっちりとした計画を立て、それを徹底する。海軍の建設しかり、サッカーしかり。簡単なようだが、続けることが最も難しい。日本人は、黄海海戦の完勝とサッカーにおけるアジアトップの座を獲得した。中国はどうか。すでに(サッカーは)北洋水師と同じ轍(てつ)を踏んでいる。『今日はこれ、明日はあれ』の死のサイクルの中で、ただもがいているだけなのだ」と結んだ。(翻訳・編集/北田
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • トムチ***** | (2019/01/31 10:45)

    やっぱり中国のスポーツとエンタメは独自取材が許されているだけあって鋭い記事が出てくるよね。 これがお上にまで波及すれば、中国サッカーも台頭すると思うんだけど。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2019/01/31 09:19)

    サッカーと〈黄海海戦〉は関係ないと思うが、強いて共通点をあげれば『中国は〈自滅〉した』と言うことだ。イランに先制されると、それまでの戦法を攻撃重視に切り替えたため、守備が手薄になって追加点を取られたのである。中国が〈平常心〉を無くさなければ逆転のチャンスが巡って来たかもしれない。日本チームは先制されてもブレないサッカーをしたから逆転できたのである。黄海海戦でも同じ事が言えるはずだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事