英国の動物保護団体代表、韓国の動物園の実態に驚く「最悪だ」=韓国ネットも共感

配信日時:2019年1月24日(木) 22時20分
英動物保護団体代表、韓国の動物園に「最悪だ」=韓国ネットも共感
画像ID  1061982
24日、韓国・ニュース1によると、約20年で30カ国の動物園を訪れた英国の野生動物保護団体「ボーン・フリー財団」のクリス・ドレイパー代表が、韓国の室内動物園を「最悪だ」と評価した。資料写真。
2019年1月24日、韓国・ニュース1によると、約20年で30カ国の動物園を訪れた英国の野生動物保護団体「ボーン・フリー財団」のクリス・ドレイパー代表が、韓国の室内動物園を「最悪だ」と評価した。

17日に京畿道河南市の室内動物園を訪れたドレイパー代表は、動物の展示環境について「動物たちが観客から逃れるための隠れ家が用意されていない。すべての場所が開放されており、光や騒音にさらされている状況は非常に大きな問題」と指摘したという。記事によると、同動物園ではスカンクやミーアキャット、カピバラ、イグアナ、ラクーン、鳥、ヤドカリなどの動物が観客の手の届く位置に展示されている。また、主に夜行性の動物が展示されているため動物園は全体的に暗いものの、肝心の動物たちがいる場所は照明で明るく照らされている上、「野生の雰囲気を出す」目的で音楽もかかっている。本来は砂漠に生息するミーアキャットの空間には砂がなく、湿度も高いという。

ドレイパー代表は「ラクーンなどの動物が一様に常同行動(※同じ動作を繰り返すこと。ストレスが原因とも)を見せている」とも指摘した。また、透明のケースに入ったカワウソが、ケースにある小さな穴から前足を伸ばす姿を見て「エサをもらうために物乞いしている」と説明し、「これは本当にいけない」と怒りを露わに。その他、動物たちの健康状態についても「問題が多い」と話した。その上で「こうした問題を防止するため、動物園を運営する人に許可の申請や定期検査を義務付ける制度が必要だ」とし、「許可制により全てが解決するわけではないが、動物たちの福祉が大きく損なわれることは防げる」と主張したという。

これを受け、韓国のネットユーザーからは「動物園じゃなくて動物虐待だ」「韓国の動物たちは本当にかわいそう。本当に最悪の環境で暮している」「韓国には動物を尊重する意識がほぼない。悲しい現実だ」「動物園のレベルはその国の人権のレベル」「大人になって動物園に行くと悲しい気持ちになる。動物の生活を覗くというより、動物を拉致して監禁している印象を受けるから。動物について学んでから運営してほしい」「韓国は文化の面では後進国。韓国は動物虐待が多い国だ。訪韓外国人たちはそんな韓国の姿を見て胸を痛めているだろう。この問題を早急に解決してほしい」などため息交じりの声が上がっている。

また「動物園自体をなくしてしまおう」「動物園の運営を法律で禁止して」と訴える声も。

その他「他の国の方が環境はましかもしれないけど、動物を狭い場所に閉じ込めているのは同じでしょ?韓国の動物園についてあれこれ指摘する資格があるのか疑問」と指摘する声も見られた。(翻訳・編集/堂本

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事