【募集中】韓国語社内スタッフ

こんなに差があったの?韓国で日本の「海上戦力」に注目集まる

配信日時:2019年1月26日(土) 0時20分
こんなに差があったの?韓国で日本の「海上戦力」に注目集まる
画像ID  1061938
24日、韓国・聯合ニュースによると、海上自衛隊の哨戒機に対する火器管制レーダー照射問題で日韓の対立が深まる中、韓国では日本の「海上戦力」に注目が集まっている。写真は韓国軍。
2019年1月24日、韓国・聯合ニュースによると、海上自衛隊の哨戒機に対する火器管制レーダー照射問題で日韓の対立が深まる中、韓国では日本の「海上戦力」に注目が集まっている。

韓国国防部と韓国海軍によると、日本は海上哨戒機をはじめ戦闘艦艇、潜水艦などほぼ全ての海上戦力において韓国をはるかに上回っている。哨戒機の場合、韓国がP3を16機保有しているのに対し、日本はP3を約80機、P1を約30機保有している。さらに、日本が保有する新型P1は最大速度、航続距離、最大離陸重量などあらゆる面でP3より優れた性能を持っているという。

また、海上戦力比較の基準となる保有艦艇の総トン数も、日本が46万トンで韓国が19万トン。日本は空母型護衛艦(いずも級)をはじめ、イージス駆逐艦を6隻保有。イージス艦を含む駆逐艦の保有数は38隻に達する。一方、韓国に空母型護衛艦はなく、イージス駆逐艦を3隻保有。イージス艦を含む駆逐艦の保有数は12隻だという。潜水艦の保有数も日本が約20隻、韓国が約10隻で、日本が大きく上回っている。そのため、韓国内では「日本が韓国艦艇への露骨な威嚇行動を続けるのは、海上戦力に対する自信の表れ」との分析も出ているという。

これに、韓国のネットユーザーからは「これだから日本は韓国の警告を無視し、余裕しゃくしゃくで韓国の軍艦の周りを旋回しているのか」「こんなに差があったの?韓国も不正さえなければ…」「国防予算も高く、造船技術も優れているのにイージス艦などの戦力は低いなんてあんまりだ。力のない国は見下される」「日本を友邦と信じて安心しきっているうちに海軍、空軍はすっかり追い抜かれてしまったようだ」などと嘆く声が上がっている。

また「今からでも遅くない。韓国も海上戦力を高めよう」「韓国も戦力強化だ。税金はこういうところに使うべき」「国防費を陸軍ばかりに使わず、今後は日本を意識して海軍力や空軍力を強化しないと。日本をけん制する方法はそれしかない」などと訴える声も寄せられている。(翻訳・編集/堂本
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事