Record China

ヘッドライン:

台湾が3月末までに「安全面で懸念がある中国企業」のリストを公表―中国メディア

配信日時:2019年1月25日(金) 6時0分
拡大
23日、観察者網は、台湾が3月末までに安全面で懸念がある中国企業のリストを作成すると伝えた。資料写真。

2019年1月23日、観察者網は、台湾が3月末までに安全面で懸念がある中国企業のリストを作成すると伝えた。

記事によると、台湾の行政院資通安全処のある幹部が「台湾当局は現在、安全面で懸念がある中国企業のリストを作成しており、3月末までに公表する」と明らかにしたことを紹介。騒動の渦中にあるファーウェイ(華為技術)も「当然のことながら」リスト入りしているという。また、ファーウェイのほかに中興通訊(ZTE)、監視カメラメーカーの杭州海康威視数字技術、大華技術などが含まれ、レノボが製造するパソコンもリスト入りする可能性があるという。

台湾メディアの自由時報は、この「幹部」は行政院資通安全処の簡宏偉(ジエン・ホンウェイ)処長だと伝えている。記事によると、簡氏は「われわれは3月末までに安全面で懸念がある中国企業リストを完成させて公表し、折に触れて更新していく。こうすれば、すべての政府部門や組織、及び政府管理下の企業は、新たな設備購入時に明確な方法を持つことができる」と語った。簡氏によると、このリストは参考として民間企業へも提供するという。(翻訳・編集/山中)

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

独もファーウェイ排除か、欧州で支持するのはこの3カ国だけ―米華字メディア

19日、多維新聞は、ドイツ政府が次世代通信規格「5G」のインフラ整備に当たって中国の通信機器大手、ファーウェイの参入を排除する方法を検討していると報じられたことに関連し、「欧州でファーウェイを支持しているのはこの3カ国だけ」とする記事を掲載した。

Record China
2019年1月20日 11時30分
続きを読む

ランキング