Record China

ヘッドライン:

巨漢客によるCAへのセクハラ、中台ネットで怒り爆発―中国メディア

配信日時:2019年1月24日(木) 21時50分
拡大
23日、参考消息は、台湾エバー航空の旅客機内で巨漢の白人男性が女性客室乗務員にセクハラ行為を働いたと報じた。写真はエバー航空。

2019年1月23日、参考消息は、台湾エバー航空の旅客機内で巨漢の白人男性が女性客室乗務員に過度な要求をしたとされる問題で、中国と台湾のネットユーザーから怒りの声が上がっていると報じた。

同航空の女性客室乗務員が21日、台湾・桃園市の航空サービス員労働組合で記者会見を行った。女性は、米ロサンゼルス発台湾行きの旅客機に乗務した際、体重約200キロの白人男性から「狭いのでビジネスクラスのトイレを使わせてくれ」「パンツを脱がしてくれ」などと要求された。さらに、用を足した後には「手をケガしているから、尻を拭いてくれ」とまで要求。女性は泣く泣く従った。

会見に同席した労働組合の代表者は「この男性は以前にも客室内でむちゃな要求を出し、断られると座席上で排せつして他の乗客が10時間以上も悪臭にさいなまれることになった」とし、男性が嫌がらせ行為の常習犯であると説明した。

記事はこの件に対し、台湾や中国本土のネットユーザーからは「セクハラじゃないか!」「サービス業だって、何でもかんでもやらせていいわけではない」「台湾当局は見て見ぬふりをせず、この人物を探し出して謝罪させよ!」「祖国の中国大陸に戻ってきなさい。こっちには航空警察があって、治安管理条例で刑罰を与えることができるぞ」といった怒りのコメントが続々と寄せられたことを伝えている。(翻訳・編集/川尻

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング