Record China

ヘッドライン:

北海道で遭難の香港スキー客、生き抜けた方法とは?―中国紙

配信日時:2019年1月21日(月) 13時20分
拡大
21日、中国紙・環球時報(電子版)は、北海道でスキーに出掛けたまま連絡が取れなくなっていた香港からの観光客2人が無事救助されたことについて、「この方法で助かった」とする記事を掲載した。写真は北海道のスキー場。

2019年1月21日、中国紙・環球時報(電子版)は、北海道でスキーに出掛けたまま連絡が取れなくなっていた香港からの観光客2人が無事救助されたことについて、「この方法で助かった」とする記事を掲載した。

記事は、出来事の概要について「一時行方不明になった2人の香港男性はそれぞれ45歳と57歳だった。香港・東方日報網の20日付報道によると、北海道の警察当局は19日夜、スキーに出掛けた男性2人が予定の時間を過ぎても戻らず、遭難した可能性があるとの通報を受けた。警察と消防が徹夜で捜索に当たり、救助のためヘリコプターも出動した。そしてようやく20日午前7時40分ごろに2人は救助された」と伝えた。

そして、「2人が助かった方法」について、「情報によると、2人は十勝岳に連なる標高1866メートルの雪山で発見された。2人によると、スキー滑走中に遠くまで来てしまい遭難したため、雪に穴を掘って一晩を過ごした。香港メディアの01網によると、2人は19日、スキーをしている写真を友人に送っていた。そのため捜索隊はこの写真を基に捜索範囲を絞り込むことができ、2人の発見に成功した」と紹介した。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

<万里の長城遭難>日本人観光客を助けるため…救助隊150人が腰まで積もった雪の中を徒歩で捜索―中国

6日、中国河北省張家口市懐来県の万里の長城で日本人観光客4人と中国人ガイド1人が遭難した事故で、地元の救助隊員150人余りが腰まで積もった雪の中で懸命に捜索活動を行っていたことが分かった。写真は4日、大雪となった河北省承徳市。

Record China
2012年11月6日 15時51分
続きを読む

ランキング