Record China

ヘッドライン:

日本の若者に向上心なし、しかし中国のようにギラついているのは良い事か?―中国で論説

配信日時:2020年11月9日(月) 7時40分
拡大
陳准教授は、日本の若者は欲望に淡泊で、向上心もあまりないと主張した。ただし“ギラついている”中国人と比較すると、人生の意義を改めて考えざるを得ないと論じた。写真は日本の野球少年。

中国のニュースサイト、新京報網は7日、清華大学外国語学科の陳朝輝准教授による、日本の若者を紹介する論説文を掲載した。陳准教授は、日本の若者は欲望に淡泊で、向上心もあまりないと主張。ただし“ギラついている”中国人と比較すると、人生の意義を改めて考えざるを得ないと論じた。

陳准教授は留学生又は研究者として、日本の大学5カ所に在籍した経験がある。中国では日本に対して「静かで清潔な生活環境」「誠実で礼儀正しい人間関係」「清廉で能率よい行政」「きめ細かい医療と福祉」「食品の安全」などのイメージを持つが、日本も少子高齢化という悩みを抱えており、さらに問題なのが若者が現状に満足し過ぎており、向上心がないことと論じた。

陳准教授は熊本県のある大学で中国語を教えていた時のエピソードを紹介。学生らが、専門科目であるはずなのに熱心に学ばないので、卒業後に就きたい職業を尋ねたところ、一人の男子学生は「バスの運転手」と答えたという。その理由は、生まれ育った街が好きなので四季の変化を眺められるからと説明し、さらに中国人観光客が増えているので中国語を学ぼうと思ったという。

陳准教授がさらに「中国語で日本一になり、中国の専門家になり、さらに選挙に出て市長になれば、生まれ故郷をさらに素晴らしい街にできる」と言ったところ、その学生は、自分にはすぐれた才能はなく、“等身大”に生きていきたいと述べたという。

陳准教授は、日本で知り合った理髪師のエピソードも紹介。月給が40万円以上の就職口があるのに、少年のころから続けたサッカーを続けるための休日確保が目的で、月給が20万円に満たない現在の店をやめるつもりがなかったという。中国人だったら、趣味を優先するために収入が2倍になるチャンスを見送ることは、ちょっと考えられない選択だろう。

陳准教授の現在の職場である清華大学は、中国のトップ校とされる。日常的に多くの小学生や中学生、高校生がやって来て、入学することに憧れつつ見学しているという。陳准教授は、東京大学にいた時分には、見学に来る生徒はほとんどいなかったと紹介した。

陳准教授は、中国では社会全体に朝のような活気が満ちている反面、人々は強烈な競争意識を伴う激流の中で生きていかざるを得ないと指摘。一方の日本では、社会は夕暮れ時のような脱力感に覆われているが、人はより誠実で、ゆったりとしており悠然としていると論じた。

陳准教授は、何かを積極的に成し遂げようとする場合と、そうはしない場合のどちらが評価に値するかは、哲学上の問題かもしれないと論じた上で、現代の日本人は間違いなく、中国人に対して人生の意義を見つめ考える上で非常に独特な視点を提供していると主張した。(翻訳・編集/如月隼人

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

健康食品やサプリメントが若者に人気=中国

毎年恒例のショッピングイベントが近づくにつれて、オンラインショッピングが好きな人たちは、ショッピングカートを埋め始めています。若者のショッピングカートには、健康食品やサプリメントが多くなっています。

CRI online
2020年10月30日 17時40分
続きを読む

ランキング