Record China

ヘッドライン:

中国とカナダの関係悪化が加速、ケベック市長が訪中取りやめ―米華字メディア

配信日時:2019年1月20日(日) 17時0分
拡大
19日、米華字メディアの多維新聞は、中国とカナダの関係悪化が加速する中、ケベック・シティーのレジ・ラボーム市長が中国訪問を取りやめたと報じた。資料写真。

2019年1月19日、米華字メディアの多維新聞は、中国とカナダの関係悪化が加速する中、ケベック・シティーのレジ・ラボーム市長が中国訪問を取りやめたと報じた。

記事は「カナダが昨年12月、米司法当局による身柄拘束要請を受け、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の経営幹部、孟晩舟(モン・ワンジョウ)氏を逮捕すると、中国は中国国内に滞在中の複数のカナダ人を逮捕した。それ以来、両国関係は悪化を続けている」とした上で、ケベックの地元メディアの19日付報道を引用し、「ケベック・シティーのレジ・ラボーム市長は、カナダと中国との間の政治的緊張を理由に、今年3月下旬に予定していた訪中を取りやめた」と報じた。

記事は「ラボーム市長の訪中取りやめは、カナダ当局による中国渡航への注意喚起を受けてのものとみられる」とし、「ラボーム市長は当初、3月下旬に代表団を率いて中国の上海と西安、併せて韓国を訪問する予定だった。ケベック・シティーは01年に西安市と姉妹都市の提携を結んでいる」と伝えた。(翻訳・編集/柳川)

【新型肺炎対策】
自宅に幼児がいる方向けの書籍をレコードチャイナが翻訳しました。
中国の専門家がQ&A形式で回答しています。
ぜひ周りの方に共有お願いします。記事はこちら

関連記事

独もファーウェイ排除か、欧州で支持するのはこの3カ国だけ―米華字メディア

19日、多維新聞は、ドイツ政府が次世代通信規格「5G」のインフラ整備に当たって中国の通信機器大手、ファーウェイの参入を排除する方法を検討していると報じられたことに関連し、「欧州でファーウェイを支持しているのはこの3カ国だけ」とする記事を掲載した。

Record China
2019年1月20日 11時30分
続きを読む

ファーウェイ副会長逮捕、今後考えられる3つのシナリオ―中国メディア

16日、ウィーチャットのアカウント「牛弾琴」は、カナダ当局が犯罪人引き渡し条約に基づく米国の身柄拘束要請を受け、中国の通信機器大手、ファーウェイの孟晩舟副会長を逮捕した問題(現在保釈中)について、「今後考えられる三つのシナリオ」を伝えた。

Record China
2019年1月17日 7時40分
続きを読む

ランキング