Record China

ヘッドライン:

ファーウェイに再び打撃、英オックスフォード大が寄付受け入れ停止―米メディア

配信日時:2019年1月20日(日) 13時50分
拡大
18日、米自由アジア放送(RFA)の中国語版サイトは、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)が欧州で再び打撃に見舞われたと報じた。資料写真。

2019年1月18日、米自由アジア放送(RFA)の中国語版サイトは、「ファーウェイは欧州で再び打撃に見舞われた」との見出しで、英国のオックスフォード大が、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)からの研究開発に対する資金提供や寄付の受け付けを停止すると発表したことを伝えた。

米AP通信の18日付報道を引用して伝えたところによると、オックスフォード大は17日の声明で、「ファーウェイや関連会社からの研究開発に対する資金提供や寄付の受け付けを停止することを8日付で決めた」と表明した。ただし現在まで受け付けた69万2000ポンド(約9800万円)の研究資金は継続利用する。声明ではこの決定に至った理由について「英国とファーウェイの協力関係をめぐり、国民の懸念がここ数カ月間高まっている点を考慮した」と説明している。

これに対し、ファーウェイの広報担当者は、オックスフォード大からの「十分な説明を待っている」と述べたという。(翻訳・編集/柳川)

【映像紹介】
新型コロナウイルスの脅威にさらされた武漢、最新ドキュメンタリー 動画はこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

独もファーウェイ排除か、欧州で支持するのはこの3カ国だけ―米華字メディア

19日、多維新聞は、ドイツ政府が次世代通信規格「5G」のインフラ整備に当たって中国の通信機器大手、ファーウェイの参入を排除する方法を検討していると報じられたことに関連し、「欧州でファーウェイを支持しているのはこの3カ国だけ」とする記事を掲載した。

Record China
2019年1月20日 11時30分
続きを読む

ファーウェイ副会長逮捕、今後考えられる3つのシナリオ―中国メディア

16日、ウィーチャットのアカウント「牛弾琴」は、カナダ当局が犯罪人引き渡し条約に基づく米国の身柄拘束要請を受け、中国の通信機器大手、ファーウェイの孟晩舟副会長を逮捕した問題(現在保釈中)について、「今後考えられる三つのシナリオ」を伝えた。

Record China
2019年1月17日 7時40分
続きを読む

ランキング