日本のごみ削減に見られるグッドアイデア―中国メディア

配信日時:2019年8月18日(日) 21時20分
日本のごみ削減に見られるグッドアイデア―中国メディア
画像ID  1060699
15日、環球時報は、日本でのごみ削減の取り組みについて紹介する記事を掲載した。資料写真。
2019年8月15日、環球時報は、日本でのごみ削減の取り組みについて紹介する記事を掲載した。

記事は、「日本ではごみの分別が習慣となっており、約20年前から人々はごみ削減を意識して努力している。個人から政府に至るまで、できるだけごみの量を減らすことで、物を十分に利用すると同時にごみ処理の社会負担を減少させている」と紹介。具体的なごみ削減の取り組みについて伝えた。

まず、家庭での食品ごみについて記事は「作りすぎず余らせず、完食するようにしている」と紹介。週に1度は冷蔵庫の中を整理し、食品が期限切れにならないようにしているほか、食事を作る時に発生するごみは水分を切ってから捨て、野菜の茎などを干してからごみに出す人もいると伝えた。また、多くの家庭に「生ごみ処理機」があり、ごみを肥料にして有効活用しているとも紹介した。

さらにごみの分別にもごみ削減のための工夫が見られるという。「多く物は一緒にしてしまうとただのごみだが、分別すると資源として再生できる」と記事は指摘した。そして、使えるものはなるべく使い続けるか友人などにあげたりすると紹介。「古着はデパートなどの活動を通して被災地や貧しい国の人々に送ることができる」とも伝えた。

ほかにも、東京豊島区のリサイクルセンターには、いらなくなった家具や電気製品などが送られてくるが、必要な人は持ち帰ることができると紹介。多くの人が使い捨ての商品を購入しないようにしていること、日用品でも洗剤などは詰め替え用を購入すること、再生紙を購入することなどを通して、ごみ削減に取り組んでいることを伝えた。さらに、日本の各地方自治体はごみ削減の宣伝にも力を入れており、群馬県ではごみ減量のアイデアを募集したことも伝えた。(翻訳・編集/山中)

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • Ken***** | (2019/08/19 11:46)

    あの洗剤とかの「詰め替え用」っていう売り方は大してゴミ削減になってないよな。出るゴミがプラ容器かパックかってだけじゃん。ガススタンドみたいに店に量り売りできる蛇口でも備えたらどうかと。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2019/08/18 22:24)

    昭和の時代はそもそもゴミの出ない生活をしていた。例えば豆腐は屋台を引いて売りに来て、近所の主婦が鍋を持って買いに行ったものだ。現代のような使い捨て容器もレジ袋もなかった。これはゴミ削除のためではなく単に貧しかったからだ。つまり生活水準が上がった副産物がゴミなのだ。本当に貧しい国ならゴミすら出ないだろう。 〈補足〉 屋台の豆腐屋がラッパを吹いて客を集めたなんてもう誰も覚えていないだろう。昭和は遠くなりにけりである。
    このコメントは非表示に設定されています。
    19 0
最新ニュースはこちら

SNS話題記事