中国が発明したのに!日本のラーメンと違い、中国のラーメンが発展しないのはなぜか―中国ネット

配信日時:2019年2月1日(金) 11時50分
なぜ?日本のラーメンと違い、中国のラーメンが発展しない理由―中国ネット
画像ID  1060694
中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に29日、日本のラーメンに関する文章が投稿され、多くのネットユーザーが感心を寄せている。写真はすごくおいしそうなラーメン。
中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に29日、日本のラーメンに関する文章が投稿され、多くのネットユーザーが感心を寄せている。

投稿したのは、フォロワー数1250万を数える評論家・留几手氏。同氏は「1杯のラーメンに思う」と題した文章で、「衆知のとおり、ラーメンは中国人が発明したものだが、日本で大きく発展した。しかも、面白いことに、日本にはいわゆる“本場の日本ラーメン”というものがない。日本人に『本場の日本ラーメンはどこで食べられますか』と尋ねると、きっと困惑するに違いない」とした。

そして、日本ではすでに100年ほどのラーメンの歴史があること、日本では至る所にラーメン店があることを紹介し、「どの店の味もほかとは異なる。差別化されているから競争を恐れない。日本を旅行した時、多くの人は聖地巡礼のような気持ちでラーメン店に向かう」とした。

一方で、「中国のラーメンはなぜ発展しないのか」と疑問を提起。同氏はその答えとして、「中国人は『本場』の2文字を非常に気にする」と指摘する。中国では蘭州ラーメン(牛肉麺)が有名だが、「蘭州にこそ本場の味がある。蘭州を一歩離れると味が変わる」と考える人が多いとし、「たとえ牛肉と麺をそのまま外に持って行って調理しても、『水が違う』と言われるだろう」とした。

その上で、「中国でラーメンは軽食。単価は10~20元(160~320円)で利益が小さく、競争が激しい。1本の通りに2店舗あればけんかが始まる。だが、日本では多くの人が違う味のラーメンを求めてあちこち駆け回る。価格は600~1000円。アジア人だけでなく、欧米人も好んで食べる。欧米のビジネス街にも日本のラーメン店が数多く進出している。米国人は“Ramen”が日本語だと認識し、中国とは全く関係ないと思っている」とし、「本場の蘭州ラーメンが名前で張り合っている間に、本場でない日本のラーメンが世界中で店を開いている。この原因は何か。考えるに値する問題だ」とつづった。

同氏のこの投稿は、3000以上のコメントが寄せるなど大きな反響を呼んでいる。ネットユーザーからは、「それは中国人が“正統派”を主張するのが好きだから」といった声や、「本場を必要以上に気にするのは田舎の人」「私は本場かどうかなんて気にしない。気にするのは味と肉の量」といった声が上がった。

この他、「“本場”の裏には独占したいという思いがある。独占することと、良いラーメンを提供することは関係ない。店が100年続いていても関係ない。関係するのは目の前のカネだけ」という指摘や、「ラーメンに求めるものが違うからではないか。私たちのラーメンは単に空腹を満たすためだけのもの。それに経済的な水準も関係がある。現代のラーメンはたとえどんなに本場でなくても、50年前に持っていったらおいしいだろう」という意見も寄せられている。(翻訳・編集/北田
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 10

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 賢龍帝***** | (2019/02/05 01:47)

    中国の「湯麵、汁麺」と今の日本のラーメンとは別物でしょう。中国では 炒めた具材にスープを注ぎ麺を入れるのが主流で札幌ラーメン、チャンポンがそれに近いかも。 日本は具材と麺は別々に調理し合わせる。一番の違いは日本で言うところの麺で、中国では粒麺「手延麺」と刀削麺「刃物で削った麺」後はイタリアのスパゲッティーの様に穴から押し出したもので、日本の蕎麦切や、うどん「手延べは除く」、ラーメンの麺は唯一切麺である「素麺は手延べである」
    このコメントは非表示に設定されています。
  • sal***** | (2019/02/04 11:43)

    毎日、毎回、同じ味を出せないのに発展なんかあり得ない。味を固定するセントラルキッチンをインチキと言ってしまう文化では、発展は無理です。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ロビタ***** | (2019/02/02 01:39)

    中国は昔ながらの歴史を守り続ける国。 日本人はオタク文化の国という違いなのだろう。 日本の歴史を観て日本がアメリカの真似をしている国だと勘違いしている海外の人が居るが実は、真似をしているのでは無い、ほんの少しづつでも向上させようと言う努力の積み重ねなのである。 現代では日本のオタク文明と言われる何かに拘るという文化、それがラーメン一つにしても向上し続けている。 中国の漢方は歴史の積み重ねだが日本の薬は、少しずつ進化している。 だが中国人が余り知らないだろうが日本で中華料理は贅沢な料理の一部だ。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事