Record China

ヘッドライン:

ローソンが中国で2000店舗突破=急速な出店続け2020年には3000店舗に、その他

配信日時:2019年1月19日(土) 10時20分
拡大
ローソンの中国店舗が2000店舗を突破した。2020年には3000店舗を実現する予定。写真は2017年8月の江蘇省南京市での開店に伴い実施したセレモニー。南京市における初の外資系コンビニとして同時に5店舗がオープンしたという。

ローソンの中国店舗が2000店舗を突破した。ローソンは2017年ごろから中国への出店を加速させた。2020年には3000店舗を実現する予定。LIXILグループは上海に研究開発拠点を設けた。日本を含め全世界で4カ所目の拠点で、グループにとって最も多様な市場であるアジア向けの技術拠点とする。

●ローソンの中国店舗が2000店舗を突破、急速な出店続け2020年には3000店舗に

ローソンは18日、上海市に1店舗、武漢市に2店舗、重慶市に1店舗を開店したことで、中国における店舗数を2003店舗とした。2002年には3000店舗とする予定。

ローソンは1996年7月に上海で中国1号店を開店した。日系コンビニとして初の中国進出だった。2014年12月には中国500店舗を、17年2月には同1000店舗を達成した。 今後も急速な出店を続け、2020年までに3000店舗規模に拡大する。

現在のところ、店舗数が最も多いのは上海市と周辺の浙江省、江蘇省で1220店舗。その他、湖北省武漢市で303店舗、重慶市で207店舗、遼寧省大連市で145店舗など。

●LIXILが上海に研究開発拠点を設置、世界第4のR&Dセンターに

LIXILグループは18日、アジア事業を統括するLIXIL Asia Pacificが17日、海市に新しく、アジアの研究開発拠点の中心となる施設を設立したと発表した。同グループにとって日本、北米、ドイツに続く世界4番目のR&Dセンターであり、グループにとって最も多様な市場であるアジア向けの技術拠点として、アジアで展開する全ての水まわりブランドの事業を網羅させる。(翻訳・編集/如月隼人

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

CKDの無錫新生産棟が完成=情報通信機器・二次電池・自動化による需要拡大が念頭、その他

CKDの新生産棟(写真)は、情報通信機器や二次電池、自動化による需要拡大を見込む。ニッコー重慶子会社の新倉庫は、近隣日系企業の物流ニーズに応える。プライメタルズテクノロジーズが受注した新型電気炉は、省エネや二酸化炭素消費量の少なさなどが特徴。

Record China
2019年1月18日 9時30分
続きを読む

ランキング