Record China

ヘッドライン:

韓国ネットが今までのキムチ作りを後悔!その理由は…

配信日時:2019年12月1日(日) 11時40分
拡大
2019年11月27日、韓国・聯合ニュースによると、キムチ作りの季節を迎えた韓国で、食品安全当局がキムチ作りにゴム製の赤いたらいを使用しないよう勧告した。

記事によると、食品医薬品安全処は同日、国民が健康で安全に食品を摂取できるように調理器具の正しい使い方を公開。キムチを漬ける際に使用するたらいやざる、ボウル、ビニール袋、ゴム手袋などは必ず「食品用」を選ぶよう強調したという。

例えば、白菜や大根を調味料とあえるときにはゴム製の赤いたらいではなく、食品用として製造されたプラスチック製またはステンレス製のたらいが望ましい。ゴム製の赤いたらいは通常、リサイクル原料から作られるため、カドミウムなどの重金属が流出する恐れがあり食品用ではない場合がほとんどであるためだ。また、プラスチック製のものは高温で形が変わる可能性があるため加熱した食品を入れるのは避けなければならない。

同処のオ・グムスン添加物基準課長は「お玉やざるを鍋に入れて食品と一緒に加熱する場合は、プラスチック製ではなくステンレス製のものの使用を推奨する」と話した。さらに「だしを取る際にタマネギやミカンの販売に使われるネットを使用するとネットの色素が溶け出す可能性があるため、食品用に作られたステンレス製のざるが好ましい」と述べたという。

これに韓国のネットユーザーからは、「もう少し早く教えてほしかった。今さっきキムチを漬け終わった」「ゴム製のたらいで付けたキムチを今までどれだけ食べただろう…。怖くなる」「10年間使い続けてきたゴム製の赤いたらいで今日キムチを漬けたけど大丈夫だよね?」「50年にわたってゴム製の赤いたらいでキムチを漬けてきた…。もう少し早く知りたかった」などのコメントが寄せられている。

また、「プラスチック製の調理器具は街の飲食店でもよく見るけど、これも良くないってことだよね?食品安全当局が取り締まるべきでは?」「韓国の食堂ではゴム製の赤いたらいが万能調理器具としてさまざまな用途で使われているし、プラスチック製のお玉でスープをすくう光景もよく目にする。食品安全当局が飲食店に対して調理器具の正しい使用方法を指導して実践されているか点検してほしい」などと訴えるユーザーも。

その他に「ステンレス製のたらいは高いけど健康のために買おうかな」「有名なシェフがステンレス製の調理器具にこだわるのには理由があったんだね!」などのコメントも見られた。(翻訳・編集/長居)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング