Record China

ヘッドライン:

日本への文化財貸し出し、中国・台湾から不満の声が出たのはなぜか―英メディア

配信日時:2019年1月18日(金) 10時10分
拡大
17日、英BBCは、東京国立博物館で今月16日から開催されている特別展「顔真卿―王羲之を超えた名筆―」に、台湾の故宮博物館が「国宝」を貸し出していることに中国本土と台湾から強い不満の声が出ていると報じた。

2019年1月17日、英BBCは、東京国立博物館で今月16日から開催されている特別展「顔真卿―王羲之を超えた名筆―」に、台湾の故宮博物館が顔真卿の名品「祭姪文稿(さいてつぶんこう)」を貸し出していることに中国本土と台湾から強い不満の声が出ていると報じた。

記事はまず、「天下行書第二」の誉れを持つ「祭姪文稿」の価値について香港中文大学の唐錦騰(タン・ジンテン)準教授が「本作は顔真卿の直筆。修正の跡や注釈も見られ大変貴重なもの」と語ったことを紹介。また、本作が海外へ持ち出されるのは1997年の米ワシントン・ナショナル・ギャラリーでの展示以来2度目であることにも触れた。

次に記事は、本作が日本へ貸し出されたことについて、中国本土、台湾から不満の声が上がっていると指摘。一部の不満の矛先は台湾政府へ向けられ、「国宝を貸し出すことで日本へ『媚びている』との批判も上がっている」とした。

また記事は、台湾メディアの報道を引用し「台湾故宮博物館は2018年5月に日本側と『祭姪文稿』の貸し出しについて署名を交わしていたというが、その事実を直前まで公開していなかった」と指摘している。

中国本土と台湾はこれまでにも日本へ「名品」の貸し出しを行っている。代表的なものは2012年に日中国交正常化40周年を記念して貸し出された北京故宮博物館所蔵の北宋の名画「清明上河図」や、2014年に台湾故宮博物館が貸し出した「翠玉白菜」などだ。

さらに記事は、中国の複数のメディアが「祭姪文稿」の貸し出しによる損傷を懸念していることを紹介。人民日報は、中国のある専門家が「『祭姪文稿』が書かれた紙はすでに寿命を迎えている。運搬や、環境の変化一つ一つがダメージになる」と懸念していることを紹介。また、環球時報は「『祭姪文稿』はガラスケースに入れ、個室で展示し、撮影を許可してはならない」と指摘しているという。

記事は、台湾故宮博物館が声明を出し、「『祭姪文稿』は審議の結果、『状態は良好で、海外へ展示可能』と判断された」と述べていることを紹介した。(翻訳・編集/和田)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング