英名門大学で中国人差別?「カンニングしないで」メールのある部分に学生反発―中国メディア

配信日時:2019年1月17日(木) 19時50分
英名門大学で中国人差別?「カンニングしないで」メールのある部分に反発
画像ID  1059963
16日、環球網などによると、英リバプール大学が留学生に送った試験に関するメールが中国人学生の反感を招き、大学側が謝罪声明を出す事態となった。写真はリバプール大学。
2019年1月16日、環球網などによると、英リバプール大学が留学生に送った試験に関するメールが中国人学生の反感を招き、大学側が謝罪声明を出す事態となった。

発端となったのは、学生センターが14日に出した試験で不正行為をしないよう呼び掛けるメール。文章は英語で書かれており、「cheating」という単語に中国語で「不正行為」を意味する「舞弊」の注釈があったことが中国人学生の怒りを買った。

メールには「『cheating』の意味を理解していない中国人学生がいるようなので中国語訳を付けました」との一文が添えられており、これが学生らをさらに刺激したもようだ。

ある中国人留学生は「絶対に受け入れられない。人種差別だ」「どうして中国語訳だけ付けるのか。他の国の留学生はカンニングしないのだろうか」と話し、ネット上には「ここはリバプール大学。一部の英国人スタッフは『種族岐視(人種差別の意)』という中国語の意味を理解していないようなので、『racism』 という英語訳を付けました」とやり返す投稿も出現。さらに署名サイトの「change.org」では、「大学は公開謝罪を」との呼び掛けに1000人以上の賛同が集まったという。

大学側は「以前、中国の学生に英語の用語を理解していないという状況が見られた。中国語訳を付けたのはただ単に試験ルールをしっかりと伝えるためだった」との謝罪声明を出し、15日の副総長名義の声明では問題のメールが学生や保護者、協力機関の感情を損ねる結果となったことを述べた上で、「この過ちは、中国の学生を尊重するという大学の態度を代表するものではありません。ここに深くお詫びします」としている。(翻訳・編集/野谷
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事