【募集中】韓国語社内スタッフ

韓国教授が文政権の対日政策を批判「日韓関係を悪化させている」=韓国ネットの反応は?

配信日時:2019年1月17日(木) 20時20分
韓国教授が文政権の対日政策をばっさり「日韓関係を悪化させている」
画像ID  1059937
17日、韓国・オーマイニュースによると、韓国・ソウル大のパク・チョルヒ教授が「文在寅政権が日韓関係を悪化させている」と主張した。資料写真。
2019年1月17日、韓国・オーマイニュースによると、韓国・ソウル大のパク・チョルヒ教授が「文在寅(ムン・ジェイン)政権が日韓関係を悪化させている」と主張した。

16日に開かれた韓国最大野党・自由韓国党の研修会で講演したパク教授は、日本企業に元韓国人徴用工への損害賠償を命じた韓国裁判所の判決を問題視し、「(文政権が)裁判の判決を延期させた人たちを検察の捜査対象にすることでシグナルを送った」と指摘した。「強制徴用問題をめぐる政府間交渉は1965年の協定で終わった」とし、「韓国政府も補償できるが、今になって過去に2度も補償した日本に押し付けている状態」と主張した。

2015年末の日韓慰安婦合意については「日韓関係改善を目指す朴槿恵(パク・クネ)前大統領のさまざまな働きかけが合意に導いた」と高く評価した。その上で「それを文政権が枠だけ残し、中身を全て抜いてしまった」と批判。日本からの拠出金により設立された元慰安婦財団の解散を決定したことについて「日本の立場からすると、けんかを売られたようなもの」と指摘した。

また、昨年10月に済州島で開かれた国際観艦式での「旭日旗掲揚」問題については「10年前も20年前も国際観艦式が開かれたが、その時は旭日旗を問題視しなかった。それが国際慣行だ」とし、「今回問題視したことで日韓の軍事協力にクエスチョンマークがついてしまった」と述べた。最近問題となっている「レーダー照射」問題については「意思疎通と信頼があればここまで大きな問題にならなかったが、お互いに国内の政治問題に拡大させてしまった」との考えを示した。

最後にパク教授は、文政権の対日外交政策について「批判はうまいが、提案は全くできていない」と指摘。また、「文政権は市民社会と労働組合に捕らわれている」とし、「市民社会の論理に押されて(対日関係が)金・補償の話になり、問題の本質が変わってしまった」と批判した。さらに今の日韓関係を「酷寒期」と表現し、「日本は今、韓国と話そうともしない。自由韓国党が再び政権を握るまでに日韓関係が完全に破たんしないことを願う」と述べたという。

これに、韓国のネットユーザーからは賛否両論が上がっている。「こんな人がなぜ教授になれた?」「日本から賄賂をもらったとしか思えない」「慰安婦被害が望んでいるのはお金ではなく日本からの謝罪。それに1965年の協定で日本からもらったお金は独立祝い金であって賠償金ではない」など反発の声が上がる一方で、「正しい主張だ。文大統領は解決策を提示するべき」「隣国とは仲良くするべき。過去の感情に捕らわれていたら駄目。もっと現実を見よう」など賛同する声も寄せられている。(翻訳・編集/堂本
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事