【募集中】韓国語社内スタッフ

<サッカー>宿命の中韓戦は韓国に軍配、両国ファンの反応は対照的?―中国メディア

配信日時:2019年1月17日(木) 11時20分
<サッカー>実力差認める中国人、悦に入る韓国人―中国メディア
画像ID  1059926
UAEで開催中のサッカーのアジアカップ・グループC最終戦が16日に行われ、中韓戦は2―0で韓国が勝利。中国メディアの環球網は、「韓国ネットユーザーの反応に怒りを覚える」と題する記事で記事で両国の反応の違いを紹介した。
アラブ首長国連邦(UAE)で開催中のサッカーのアジアカップ・グループC最終戦が16日に行われ、「宿命の対決」と言われた中韓戦は2―0で韓国が勝利。中国メディアの環球網は、「韓国ネットユーザーの反応に怒りを覚える」と題する記事で両国の反応の違いを紹介した。

記事はまず試合について、「結果よりも内容がひどかった」「ファウルの数も韓国より多く、あらゆるデータで韓国を下回った」「パスも5本以上つながらなかった」などと完敗を認めた。そして、前半を0―1とリードされて終了した際の中国ネットユーザーの反応として、「正常」「予想通り」「確かに実力的に劣っている」「もう電気を消して寝よう」といったコメントを紹介した。

その上で、「“仏系”(冷静)な中国のネットユーザーに対し、韓国のネットユーザーはこんな感じだった」として、試合展開に合わせたコメントを紹介した。

前半15分にガンバ大阪のファン・ウィジョのPKで先制すると、韓国のネットユーザーからは「ファン・ウィジョを大統領に」「“韓国恐怖症”。中国人は韓国人を見るとみんな震えるのだろう」「“韓国恐怖症”は永遠に消えない。はははは」といった声が上がったと伝えた。“韓国恐怖症”とは、中国がサッカーで長く韓国に勝てない時期が続いたことから生まれた言葉だ。

後半、キム・ミンジェの追加点でリードを広げると、「大韓民国いいね。中国は韓国の敵じゃないよ」「中国は本当に不思議だ。人口が多いのに、メッシやクリスティアーノ・ロナウドは言わないまでも、ソン・フンミンクラスの選手も出てこないとは」「日本も圧倒できれば、北東アジアのナンバーワンは数年間韓国のものだ」といったコメントが並んだという。

試合終了後には、「中国を倒して気分がいい」「中国人は言葉もないだろう」「中国人はネットで『中国=ドイツ』と言ってるんじゃないか?(※韓国がロシアW杯で同スコアでドイツに勝利していることから)」「3―0で勝てた試合だ」などの声が出たと記事は紹介している。

なお、グループCは韓国が1位、中国が2位となった。この結果、決勝トーナメント1回戦では、中国はタイとの対戦が決定。韓国はA、B、Fいずれかのグループの3位と対戦する。(翻訳・編集/北田
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事