Record China

ヘッドライン:

北朝鮮の対中貿易依存度が初の70%超え、韓国は将来を危惧―米華字メディア

配信日時:2012年12月30日(日) 2時30分
拡大
27日、韓国統計庁が発表した北朝鮮に関する貿易データによると、11年の北朝鮮の貿易の中国に対する依存度が70%の大台を超えた。写真は平壌。
(1/8枚)

2012年12月27日、韓国統計庁が発表した北朝鮮に関する貿易データによると、11年の北朝鮮の貿易の中国に対する依存度が70%の大台を超えた。依存度が70%を超えたのは韓国統計庁がデータの収集を開始した00年以降初めてだという。米華字サイト・多維新聞が伝えた。

その他の写真

韓国・聯合ニュースは韓国統計庁の発表を基に、「11年の北朝鮮の中国との貿易額は56億2900万ドル(約4500億円)で、10年の34億6000万ドル(約2770億円)を大きく上回った」とし、北朝鮮の貿易のうち、中国の占める割合が10年の56.9%から11年には70.1%へと大幅に上昇したと伝えた。韓国紙・毎日経済新聞は韓国統一部の資料を基に、今年1−7月の北朝鮮と中国の貿易額が前年同期比14.5%増の35億4000万ドル(約2830億円)に達したと伝えた。

北朝鮮経済の中国への依存度が高まった原因として、韓国・北朝鮮関係の冷え込みが挙げられる。北朝鮮の貿易のうち韓国が占める割合は、09年の33.0%から、10年は31.4%に、11年には21.3%へと急減している。

北朝鮮の中国への依存がますます強くなっていることについて、韓国KBSテレビは、中国は06年から北朝鮮の地下資源に集中的に投資して開発しており、これが北朝鮮の対中輸出の70%以上を占めていると指摘。「韓国は中国による北朝鮮資源の独占に手をこまねいているべきではない。このままでは韓国・北朝鮮の経済協力が打撃を受けるだけでなく、長い目で見れば北朝鮮との関係が好転した後の資源開発の障害となる」と報道している。(翻訳・編集/HA)

関連記事

ランキング