日本の空気の質はなぜ「優秀」?PM2.5に悩む韓国で注目集まる

配信日時:2019年1月16日(水) 7時40分
「日本は空気まで一流」、PM2.5に悩む韓国で注目集まる
画像ID  1059483
15日、韓国と中国ではPM2.5による大気汚染が深刻な問題となっている。そうした中、韓国・聯合ニュースが「日本の大気の質は優秀だ」と報じ、ネット上で注目を集めている。写真は東京。
韓国と中国ではPM2.5による大気汚染が深刻な問題となっている。そうした中、韓国・聯合ニュースが15日、「日本の大気の質は優秀だ」と報じ、ネット上で注目を集めている。

記事によると、米環境保護庁(EPA)が発表している空気質指数(AQI)で、15日午前9時時点の韓国は全体的に200前後を記録した。AQIは「良い(0~50)」「並(51~100)」「敏感な人にとっては健康に良くない(101~150)」「健康に良くない(151~200)」「極めて健康に良くない(201~300)」「危険(301~500)」の6段階に分かれている。同時点の中国は、国土が広いため地域によってばらつきがあるものの、400を超える地域も多かった。一方、日本は全体的に100未満で、50未満の「良い」を記録した地域も多かったという。

記事は「年間の平均を見ても、日本のPM2.5濃度は韓国や中国よりはるかに低い」とし、日本の大気の質が良い理由について「国内外の要因が複合的に作用した結果」と伝えている。まず、日本は韓国に比べて中国の大気汚染物質の影響を受けにくい。韓国の民間気象会社・ケイウェザーのパン・ギソンセンター長は「中国発のPM2.5の粒子は風に乗って朝鮮半島までやって来るが、日本海を渡って日本に到達することは難しい」と述べたという。また、日本で発生する大気汚染物質の量も、中国や韓国に比べてはるかに少ないという。韓国環境部の国立環境科学院関係者は「日本は韓国よりも早く環境問題に注目し始めた」とし、「韓国よりも長く研究を行い、解決策を講じてきた。交通などに関する各種の政策が相対的に環境に優しいため、PM2.5もはるかに少ない」と説明した。

これに、韓国のネットユーザーからは「日本に住みたい。日本はなぜ全て一流なの?空気まできれいとは…」「私も新鮮な空気が吸いたい。日本を批判してばかりいないで、いいところは学んでほしい」などとうらやむ声が上がっている。また、「日本は台風から韓国を守り、韓国はPM2.5から日本を守っている(笑)」との声も。

「大気汚染の原因は中国」と主張する声も多く、「中国に何も言えない韓国政府が情けない」「文政府は公約の中のPM2.5対策をちゃんと実行してほしい。こんな状態では外に出られない」「日本はソウルより自動車が多いはず。なのに空気がきれいなのはなぜだと思う?韓国政府は早く中国に抗議して」と訴える声も続々と寄せられている。(翻訳・編集/堂本
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事