Record China

ヘッドライン:

【動画】中国の特撮ファンが自主制作した「ウルトラマンティガ」、日本の著名映画監督や人気声優も「いいね」―中国紙

配信日時:2019年1月15日(火) 17時20分
拡大
15日、中国紙・参考消息(電子版)は、中国の5人の若者が自主制作した「ウルトラマンティガ」の動画が中国と日本のSNSで話題になり、日本の著名映画監督や人気声優からも高い評価や称賛の声が寄せられていると報じた。
(1/2枚)

2019年1月15日、中国紙・参考消息(電子版)は、中国の5人の「95後」(1995年から1999年生まれ)の若者が自主制作した「ウルトラマンティガ」の動画が中国と日本のSNSで話題になり、日本の著名映画監督や人気声優からも高い評価や称賛の声が寄せられていると報じた。

その他の写真

報道によると、動画は中国のショート動画アプリ「快手(kwai)」に投稿されたもの。日本の「ウルトラマンティガ」を題材にしており、建物や武器などのセットや小道具は段ボールなどで作られている。さらに、レンコンをバズーカのような武器として使用する場面もある。動画は9日ごろから中国のネットで広まり、中国版ツイッター・新浪微博でこの動画を紹介した書き込みには「感動した!思わずウルトラマンを応援してしまった」「カメラワークは申し分ないと思う」といった称賛の声が多く寄せられた。日本のツイッターでも話題になり、日本のネットユーザーからは「感動した」「パクリとかいろいろあるけど、これはいい」「中国人面白い」など肯定的な声が数多く寄せられているという。

記事は、この動画について、「名作『ラブレター』の岩井俊二監督や『銀魂』の声優、杉田智和さんからも『いいね』を獲得した。日本のネットユーザーからは『将来、庵野秀明監督みたいになる』などの声も挙がっている」と伝えた。(翻訳・編集/柳川)

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

情けない!中国企業、円谷プロに無断でウルトラマンのドラマ制作を発表=中国ネットでは「国産のウルトラマン?誰が見るんだ?」と批判集まる

22日、先週開かれた上海国際映画祭で、中国企業が日本から権利を取得し「ウルトラマン」のリメーク版を製作すると発表したが、「ウルトラマン」の著作権を保有する円谷プロダクションは「許可していない」と発表し話題を呼んでいる。写真はウルトラマン関連のイベント。

Record China
2016年6月23日 12時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング