【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

英サイト選出「世界で最も賢い国」、中国は3位、日本は?

配信日時:2019年1月14日(月) 11時10分
英サイト選出「世界で最も賢い国」、中国は3位、日本は?
画像ID  1059134
14日、英国のポータルサイト「Vouchercloud」はこのほど、ノーベル賞受賞者数と国民の平均知能指数(IQ)、小学生の学習成績という三つの基準に基づいて評価した「世界で最も賢い国・地域」ランキングを発表した。資料写真。
2019年1月14日、中国紙・環球時報(電子版)は、海外メディアの報道を引用し、英国のポータルサイト「Vouchercloud」がノーベル賞受賞者数と国民の平均知能指数(IQ)、小学生の学習成績という三つの基準に基づいて評価した「世界で最も賢い国・地域」のランキングで、中国は3位だったと報じた。

記事によると、露通信社スプートニクは12日、「上位5カ国は日本、スイス、中国、米国、オランダの順で、ロシアは6位だった」とし、「日本はノーベル賞受賞者数と国民平均IQが6位、小学生の学習成績が5位で、総合首位となった」「総合3位の中国は国民平均IQが105.8で、首位のシンガポールの107.1にわずかに及ばず2位だった」などと伝えた。

一方、米誌フォーブス(電子版)は、「アジアとヨーロッパがランキングの大部分を占め、ヨーロッパは上位10カ国にスイス、オランダ、ロシア、ベルギー(7位)、英国(8位)の5カ国が入った。小学生の学習成績で上位に入ったのはほとんどがアジアの国・地域で、シンガポールが首位だった」「米国が4位に入ったのは、368人という世界最多のノーベル賞受賞者数の優位性によるものだ。これは2位の英国の3倍近い人数だ。だが米国の国民平均IQは28位、小学生の学習成績は中程度の13位で、どちらも米国の将来には良い兆しではない」などと伝えているという。(翻訳・編集/柳川)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。

【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 7

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/01/15 16:30)

    >ノーベル賞受賞者数と国民の平均知能指数(IQ)、小学生の学習成績という三つの基準に基づいて評価した ノーベル賞受賞者はともかく、残りのふたつは〈詰め込み教育度〉ランキングに過ぎない。アメリカが低いのは、すでに創造性を高める教育にシフトしているからだ。計算機やパソコンが普及した現代では〈暗算〉や〈歴史年表〉が社会に出て役に立つはずがない。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • MR***** | (2019/01/15 09:51)

    中国の場合が世渡り上手、小知恵的な・・・
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2019/01/15 04:37)

    自分の頭で物を考えられない国民性の国が総合トップだとか言われてもな。 何度も言ってるが、記憶力と思考力は別物だからね。ユビキタスが発達して記憶力の部分を代替できるデータベースへのアクセスが常に行えるようになれば、記憶力よりもむしろ思考力こそが重要になってくる。 歴史の年号もキッチリ憶えておく必要はないし、むしろぼんやりでも全体の流れを把握しておく事の方が重要になる。 科学分野でも数式を丸暗記する必要はなく、必要に応じて最適なものを呼び出せば済む。 だが、それを判断するのは思考力だし、理屈でものを考えるという事だ。 感情が豊かなのは構わないが、感情で物事を決めるような人間はますます要らなくなる。 中韓の感情だけで反日やってる連中や、日本でも妄想に取り憑かれた極右カルト日本会議みたいな連中や、思考力皆無のネット右翼みたいな連中は、ボヤボヤしてると世界のどこにも居場所が無くなるかも知れないよ。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事