【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

900億円が動く新春映画ウィーク、ジャッキー・チェンVSチャウ・シンチー、し烈なバトルに期待―中国

配信日時:2019年1月13日(日) 19時0分
新春映画週、J・チェンVSチャウ・シンチー、し烈なバトルに期待
画像ID  1058974
12日、中国映画界が最も盛り上がる旧正月の新春映画ウィークで、今年はジャッキー・チェンとチャウ・シンチーという、映画界をけん引する2人の一騎打ちでどちらに軍配が上がるか注目されている。
2019年1月12日、中国映画界が最も盛り上がる旧正月の新春映画ウィークで、今年はジャッキー・チェン(成龍)とチャウ・シンチー(周星馳)という、映画界をけん引する2人の一騎打ちでどちらに軍配が上がるか注目されている。

その他の写真

年に3回の大型連休の中でも、映画界が最も盛り上がるのが「春節」こと旧正月期間だ。今年は来月5日に元日を迎えるが、この日に焦点を合わせ、10本以上の話題作が封切りを予定。中でもジャッキー・チェン主演の時代劇コメディ「神探蒲松齢」と、チャウ・シンチー監督のコメディ作品「新喜劇之王」が、激しいバトルを繰り広げそうだと注目されている。

中国では17年の旧正月期間(7日間)の興行収入が38億元(約610億円)、18年にはそれを大きく上回る同57億2000万元(約920億円)となり、今年も前年超えが期待されている。

チャウ・シンチーはここ数年、「西遊記~はじまりのはじまり~」や「人魚姫」で旧正月期間の興収トップに君臨。ジャッキー・チェンも「ドラゴン・ブレイド」や「カンフー・ヨガ」でトップを争ってきた。なお、2人の最初の対決は17年で、この時はチャウ・シンチーの「西遊記2 妖怪の逆襲」が「カンフー・ヨガ」を大きく突き放している。

このほどポータルサイトの新浪が行った人気投票「2019春節に見たい映画」では、「新喜劇之王」が48.4%の得票率でダントツの1位に。「神探蒲松齢」は残念ながらトップ3に入れず5位だったが、今後のジャッキー・チェンの健闘が期待されている。(翻訳・編集/Mathilda
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事