「中国版ツイッター」の年間アワード「微博之夜2018」、この1年を飾った“男神&女神”たちが登場―中国

配信日時:2019年1月12日(土) 19時0分
「中国版ツイッター」の年間アワード、“男神&女神”たちが登場
画像ID  1058838
11日、中国版ツイッター最大手・新浪微博(SINA Weibo)の年度授賞式「新浪微博之夜」が北京市で行われ、この1年間に中国版ツイッターを通じて話題になった人物やタレント、映画監督ら100人余りが出席。豪華なセレモニーが繰り広げられた。
2019年1月11日、中国版ツイッター最大手・新浪微博(SINA Weibo)の年度授賞式「新浪微博之夜」が北京市で行われ、この1年間に中国版ツイッターを通じて話題になった人物やタレント、映画監督ら100人余りが出席。豪華なセレモニーが繰り広げられた。

その他の写真

月間ユーザー数4億人の新浪微博で、2018年に話題になったワードや人物、世間を騒がせた作品や出来事などを選ぶ年間アワード。もともとは03年にスタートし、10年から現在の「新浪微博之夜」のタイトルで開催されており、過去1年間における社会の流行の集大成として、毎年大きな注目を集めている。

中国版ツイッターで特に話題になったタレントに贈られる「年度男神」「年度女神」には、俳優のルオ・ジン(羅晋)やショーン・ユー(余文楽)、女優のタン・イェン(唐嫣)やマー・スーチュン(馬思純)ら11人が登場。「最も影響力のあるタレント」には女優ヴィッキー・チャオ(趙薇)が、「最も影響力のあるグループ」には男性アイドルユニットのTFBOYSがそれぞれ選ばれた。

昨年大ヒットした時代劇ドラマ「瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」の影響は圧倒的に大きく、「年度人気ドラマ」に選ばれたほか、出演者たちが「年度男神」「年度女神」をはじめ各部門に多数登場している。

昨年、興行収入36億4800万元(約585億円)のメガヒットを生んだ「オペレーション:レッド・シー」、同30億9900万元(約497億円)の映画「ニセ薬じゃない!」の2作品が「年度人気映画」に選ばれた。また、世界的ヒット作となった米映画「MEG ザ・モンスター」に出演した女優リー・ビンビン(李冰冰)が、「最も国際的な影響力のあるタレント」に選ばれている。(翻訳・編集/Mathilda

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事