北京世園会中国館の全体構造が公開

配信日時:2019年1月11日(金) 22時30分
北京世園会中国館の全体構造が公開
画像ID  1058710
約400日間以上をかけて建てられた鉄骨鉄筋構造の中国館「錦綉如意」がこのほど、「千年の夏都」の名をもつ北京の◆水河畔(◆は女へんに為)で公開された。
約400日間以上をかけて建てられた鉄骨鉄筋構造の中国館「錦綉如意」がこのほど、「千年の夏都」の名をもつ北京の◆水河畔(◆は女へんに為)で公開された。北京城建集団によると、同社が施工した北京国際園芸博覧会(北京世園会)におけるこの中国館はほぼ竣工しており、今後は展示設置のプロセスにうつるという。同館は世園会のパビリオンのうち、最も早く全体構造が出来上がったパビリオンとなった。2019年北京世園会の核心景観区の中心となるパビリオンとして、月の孤の形をした中国館は、建築面積が2万3千平方メートル、万事めでたく順調という意味の「錦綉如意」と名付けられている。北京日報が伝えた。
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事