米ラスベガスで家電製品見本市「CES」開催 注目の6大テクノロジーとは

配信日時:2019年1月11日(金) 19時10分
画像ID 
世界最大級の家電製品中心の見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」が今月8日から11日にかけて、米ラスベガスで開催されている。ここ数年、世界経済の風向きは変わりやすくなっているものの、テクノロジーの最前線を知る窓口として、CESには、多くのトップレベルの家電メーカー各社が最先端の技術的理念と製品を携えて出展するため、各方面が抱く期待も高い。

今回の見本市では、企業4400社の出展が予定されており、入場者数は18万人になるとみられている。アナリストによると、自動運転や5G、フォルダブルスマートフォン(折り畳みスマホ)、8Kテレビ、ゲームテクノロジー及びスマートオーディオの6大テクノロジーが同見本市における注目点になるとみられている。

自動運転技術はここ数年常に自動車メーカーや大手IT企業の重点プロジェクトとなっている。そのため新しいソフトウェアや新しいツール、新しい枠組みが次々と登場している。車内ダッシュボードから自動運転技術、人工知能(AI)技術をベースにした自動運転プラットフォームから車内エンターテインメントシステムに至るまで、一連の新製品の登場はすべて、運転体験の改善を目的としているものだ。

一般的に、CESではスマートフォンや通信技術だけが注目を集める場ではなかったが、消費者たちは今年5Gスマホの初めての商業化に立ち会うことになる。消費者によりスマートな携帯とよりスピードの速い通信速度を提供するほか、5Gはより安全なスマートインテリアやより安定した遠隔医療アプリケーション等にも使用されることになる。

テレビ分野では、ここ数年テレビメーカーが次々と高画質化を目指しており、4Kはすでに現在のテレビの標準となっている。肉眼では4Kと8Kにおける大きな違いを識別することはできないものの、8Kテレビは今年のホットワードの1つとなることは間違いない。(編集TK)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事









<