【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

昨年12月中国のCPIは前月の水準を維持 国家統計局

配信日時:2019年1月11日(金) 17時30分
画像ID 
中国国家統計局は10日、2018年12月の全国の消費者物価指数(CPI)と生産者物価指数(PPI)のデータを発表した。それによると、12月のCPIは前年同期比では1.9%上昇し、前月の水準を維持した。PPIは同0.9%上昇、前月比1.0%低下した。

同局都市社会経済調査司の縄国慶シニア統計家は、「前月と比較すると、CPIは前月は0.3%低下だったが、12月は前月の水準を維持した。このうち食品価格は前月の低下から1.1%上昇に転じ、CPIを約0.21ポイント(p)引き上げた。非食品価格は0.2%低下し、低下幅がやや拡大し、CPIを約0.18p引き下げた」と分析する。

前月との比較では、PPIは1.0%低下し、低下幅は前月より0.8p拡大した。このうち生産資料価格は1.3%低下し、低下幅は前月比1.0p拡大した。生活資料価格は前月は0.2%と小幅に上昇し、12月は前月の水準を維持した。調査対象になった工業大分類40産業のうち、価格が上昇したのは12産業、前月並みだったのは5産業、低下したのは23産業だった。(編集KS)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事









<