「嫦娥4号」着陸機、月の360度撮影を遂行―中国

配信日時:2019年1月11日(金) 19時10分
「嫦娥4号」着陸機、月の360度撮影を遂行―中国
画像ID  1058694
月探査機「嫦娥4号」着陸機、月面ローバー「玉兎2号」、通信中継衛星「鵲橋」は北京時間11日8時現在コンディションが安定しており、各種作業を計画通りに実施している。着陸機に搭載されている地形カメラは月の360度撮影を遂行した。
中国国家航天局への取材によると、月探査機「嫦娥4号」着陸機、月面ローバー「玉兎2号」、通信中継衛星「鵲橋」は北京時間11日8時現在コンディションが安定しており、各種作業を計画通りに実施している。

その他の写真

着陸機に搭載されている地形カメラは月の360度撮影を遂行した。科学研究者は「鵲橋」から伝送されたデータを元に、鮮明な360度撮影画像を作成した。科学研究者はこのカメラが撮影した写真に基づき、着陸エリア周辺の地形の大まかな分析を行った。また、「玉兎2号」は同10日0時にスリープモードを終え、作業を再開した。新華社が伝えた。(提供/人民網日本語版・編集/YF)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事