北京市が行政センターを副都心に正式移転

配信日時:2019年1月11日(金) 17時30分
北京市が行政センターを副都心に正式移転
画像ID  1058564
北京市の行政センターが11日午前、北京副都心に正式に移転した。北京市の蔡奇党委員会書記、陳吉寧党委員会副書記兼市長、李偉人民代表大会常務委員会主任、吉林政治協商会議主席が国旗掲揚式に出席し、各機関の看板の除幕を行った。
北京市の行政センターが11日午前、北京副都心に正式に移転した。北京市党委員会書記の蔡奇氏、党委員会副書記兼市長の陳吉寧氏、人民代表大会常務委員会主任の李偉氏、政治協商会議主席の吉林氏が国旗掲揚式に出席し、各機関の看板の除幕を行った。

北京市行政の新たな中心地となるのは通州区◆城鎮北運河北岸(◆はさんずいに路)に位置し、党委員会事務エリアが北、人民代表大会常務委員会事務エリアが東、政治協商会議事務エリアが西にあり、ちょうど「品」の字の形に並んでいる。また政府事務エリアは党委員会事務エリアの北側に位置する。

北京市の公告によると、国務院の承認を経て、北京市人民政府機関を東城区正義路2号から通州区運河東大街57号(郵便番号:100744、電話:55569696)に移転。新所在地で即日業務を開始する。(編集NA)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事