2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

中国メディア、ZOZO前澤氏の1億円キャンペーンを「成金」のタイトルで紹介

配信日時:2019年1月11日(金) 13時10分
中国メディア、ZOZO前澤氏の1億円キャンペーンを「成金」のタイトルで紹介
画像ID  1058535
10日、新京報は、総額1億円の「お年玉キャンペーン」で話題を呼んだZOZOの前澤友作社長を「日本の成金がツイッターでお金バラマキ」とのタイトルで紹介した。写真は前澤氏。
2019年1月10日、新京報は、総額1億円の「お年玉キャンペーン」で話題を呼んだZOZOの前澤友作社長を「日本の成金がツイッターでお金バラマキ」とのタイトルで紹介した。

記事はまず、100人に現金100万円(総額1億円)をプレゼントすると宣言した前澤氏の投稿に大きな反響があったことを説明。「同氏は以前、『月旅行』を発表したことでも注目を浴びた」とし、「日本の富豪は誰もがここまでやりたい放題なのか?」と疑問を投げ掛けた。

続けて、「1980年代当時、日本の富豪は高級洋酒の購入に惜しみなくお金を出し、東京のホワイトカラーは会社帰りに六本木でディスコ。ただ、今の日本社会は違う。貧富格差は先進国の社会問題の一つだが、日本では一見したところ、その差がさほど分からない」と指摘。マーケティング・アナリスト、三浦展氏の分析を引用するなどして「日本の今の富裕層は『ひけらかし』を良しとしない。浪費は不適切と考えているが、芸術イベントや音楽会出席など自分が好きな事、とりわけ無形資産にお金をかけたがっている」と述べ、「気ままな前澤氏の振る舞いは以前の富豪のようだ」と論じた。(翻訳・編集/野谷
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アンギ***** | (2019/01/12 21:55)

    カネを回すのは、経済活動では重要なことだ。 それにリツイートが500万ほどあったんでしょ? 様々なメディアで取り上げられるし、新聞やテレビやネット上に広告を打つよりはるかに安上がりだと思うよ。 宝くじで10億当たっても仕事を続ける!という人がいるけど、歌手や作家や能力のある経営者や芸術家や研究者など「その人でないとダメ」という以外は、いくらでも代わりはいるのだし身を引けばその人のいたポジションの仕事が仕事の無い人に割り当てられ、人助けにもなるのだがな。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2019/01/12 12:26)

    どんな形でも、金が溜め込まれるより循環するんだからいいんじゃない? この人がどう思ってやってるのかは知らないけどね。 長者番付に名前が載ったり、慈善団体への寄付額が報じられるのと、さほど変わらんでしょ。 あの世まで金は持っていけないしね。この人に限らず、富豪には一生を終えるまでにある程度使ってもらうのがいい。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ali***** | (2019/01/11 14:19)

    >「お年玉キャンペーン」 別に、前澤氏の無駄遣いではなく、 知名度向上(話題作り)の為の、会社のキャンペーンでしょ。 ズレた分析してると思う。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事