【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

中国でのSNSアプリ利用は危険?米大学が理系学生に注意喚起―米華字メディア

配信日時:2019年1月12日(土) 6時0分
中国でのSNSアプリ利用は危険?米大学が理系学生に注意喚起―米華字メディア
画像ID  1058502
10日、米カリフォルニア大学デービス校が「中国に行った際、微信やWhatsAppなどのSNSアプリを使わないで」との通知を理系の学生に出していることが分かった。写真は微信。
2019年1月10日、米華字メディア・多維新聞によると、米カリフォルニア大学デービス校が「中国に行った際、微信(ウィーチャット)やWhatsAppなどのSNSアプリを使わないで」との通知を理系の学生に出していることが分かった。

学校側は「中国でのWhatsApp、微信利用は合法」とした上で、ロシアで最近、米国人がスパイ容疑で逮捕された問題に言及。「WhatsAppの使用が問題を引き起こした」と指摘し、中国でも西側の旅行者が同様のトラブルに巻き込まれかねないとの懸念を示している。

記事は「注目すべき点」として、「通知を受けたのは米国籍の理系の学生だけ。留学生や文系の学生は対象に含まれていない」と説明。米国務省は3日、中国への渡航に対する注意喚起を行っており、記事は「政府の呼び掛けに反応した初の大学」とも伝えた。(翻訳・編集/野谷
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/01/12 08:43)

    中国ではSNSだけでなく、写真撮影も要注意である。記念写真の背景に軍事施設が入っていれば〈スパイ容疑〉で逮捕されるからだ。実際に日本人が何人もスパイ罪で拘束されている。中国に行くときはカメラを持って行ってはいけない。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事