中国がごみ輸入禁止して1年、代わりに輸入した国々が大変なことに―中国メディア

配信日時:2019年1月14日(月) 8時30分
中国の代わりにごみ輸入した国々が大変なことに―中国メディア
画像ID  1058500
11日、21世紀経済報道は、中国が海外からのプラスチックごみの輸入を禁止してから1年が経過した現在、新たなごみの流れ先となっている東南アジア諸国が頭を痛めていると報じた。
2019年1月11日、21世紀経済報道は、中国が海外からのプラスチックごみの輸入を禁止してから1年が経過した現在、新たなごみの流れ先となっている東南アジア諸国が頭を痛めていると報じた。

記事は「中国は昨年1月、外国からのプラスチックなどの廃棄物輸入を禁止した。これにより米国、英国、日本などの『輸出大国』が東南アジア諸国に目を向けた結果、同地域では輸入ごみの量が急増し、回収、処理能力が追い付かなくなる試練に立たされている」と紹介した。

そして、「国際環境保護団体グリーンピースの統計で、昨年1~7月だけでマレーシアには日本や欧米からのプラスチックごみ75万4000トンが流入し、同国内ではこれまでにないほどの不法な焚火に関する通報が頻発した」と伝えている。

そのうえで、「一部の国では増加し続ける外国からのごみに警戒感を覚え始めている」とし、ベトナムでは昨年5月にプラスチック廃棄物の輸入を臨時で禁止したほか、タイも10月に2021年までにプラスチックごみの輸入を禁止することを発表、マレーシア政府もリサイクル不可能な固形廃棄物の輸入を禁止する意向を示したことを紹介した。

一方で、東南アジア諸国の対応はあくまでも一時的な制限に留まっており、恒常的な基準や規制を設けない限り、将来再び外国から廃棄物がやってくる可能性があるとの指摘があり、各国はごみ輸入の抑止に向けてシステマティックな努力が必要だと伝えた。

記事はまた、インドネシアが昨年12月、バリ島で使い捨てプラスチック製品の使用を禁止し、首都ジャカルタでも実施予定であることを指摘したうえで「中国によるごみ輸入禁止令をきっかけに、各国がプラスチックの使用削減や品質向上、リサイクル率向上を心掛けるようになった。これにより、リサイクル経済が新たな雇用の機会や健全な環境を創出し、今後数年、さらには数十年間の経済成長の新たなエンジンになる可能性がある」という専門家の見方を紹介している。(翻訳・編集/川尻
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/01/15 16:45)

    >同国内ではこれまでにないほどの不法な焚火に関する通報が頻発した プラスチックごみだけでなく〈高熱焼却炉〉も輸入すれば問題がない。先行投資はベンチャービジネスの基本であろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2019/01/15 03:43)

    各自治体でゴミを分別させてるのが如何に「ポーズだけ」だってのが分かる記事だな。 リサイクルだの資源回収だの言ってペットボトルやプラスチック製品を分別させておきながら、それを殆ど処理していないんだろうね。 根本原因は「コスト」なんだろうが、どうせ経済界の抵抗に遭って進んでいないんだろう。 地域住民に分別させたゴミを最終的には処理場で一緒にして燃やしてるってのはあっちこっちで聞く話だし、処理費用を専用のゴミ袋に添加して結構な値段で売ってる訳だが、その売り上げは、じゃあどこに流れているものか。 ペットボトルにしたって、店頭で「中身」だけを売るベンダーでも設置すりゃ家庭単位でリサイクルが可能になる訳だし、過剰な個別包装を減らせばそれだけでかなりの量のプラスチックを減らせると思うんだが、日本人ってのはそういう合理的な思考が出来ないんだよなあ。 肉や野菜を新聞紙で包んでた頃に戻ってもいいと思うんだが。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事