【募集中】韓国語社内スタッフ

<卓球>中国メディアが張本智和に独占インタビュー!「日中の卓球界のために何をしたい?」と聞かれ…

配信日時:2019年1月11日(金) 15時40分
中国メディアが張本智和に独占インタビュー!「日中卓球界のために何をしたい?」
画像ID  1058497
11日、環球時報は、昨年の卓球ツアーグランドファイナル男子シングルスで史上最年少優勝を果たした張本智和への単独インタビューの内容を報じた。写真は張本。
2019年1月11日、環球時報は、昨年の卓球ツアーグランドファイナル男子シングルスで史上最年少優勝を果たした張本智和への単独インタビューの内容を報じた。

記事は、昨年末のグランドファイナル男子シングルス決勝で張本が世界ランク4位の中国の林高遠(リン・ガオユエン)を破り、同大会同種目における史上最年少優勝を達成したと紹介。当時の心境について張本は、「優勝できてとてもうれしかった」と語る一方、「試合に向けて特別な準備をしたわけではない」とし、「自分はいつも平常心を持ってプレーするように心掛けている。試合では相手を一歩リードできるような戦略や戦術を考え続けている」と述べたという。

また、張本は昨年、馬龍(マー・ロン)、張継科(ジャン・ジーカー)、樊振東(ファン・ジェンドン)、林高遠(リン・ガオユエン)という中国の主力選手を次々と撃破する一方で、許●(シュー・シン、●は日+斤)にだけは4度挑戦して1度も勝てていない。グランドファイナル優勝後に張本が許に対して後日の対戦を望む発言をし、許がSNSで「彼はナンバー1だ。自分はかなわないよ」と謙遜したとされることについて質問したところ、張本は「許と試合の約束をしたことはない」とし、「普段、中国の選手と交流する機会はない。ただ、互いに高め合えるような良いライバル関係にあると思う。これから、中国選手から学ぶべき点はまだたくさんある」と答えたという。

さらに、張本は東京五輪について「まず果たすべき目標は、日本代表に選ばれること。心理、精神、戦術などでまだまだ強化しなければいけない部分がある。ケガをしないことを前提に、新しい技術を磨く努力をしたい」と語った。

インタビューではこのほか、張本が中国出身の両親を持つことで注目を集めていることから、今後、日中両国の卓球界のために何をしたいかと質問。張本は「中国と日本に限ることなく、全世界に卓球というスポーツを広め、雰囲気を盛り上げていきたい」と語ったという。(翻訳・編集/川尻
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事