【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

4千元の化粧品使い放題!シェア化粧室はシェアエコノミーの救世主に?

配信日時:2019年1月11日(金) 19時0分
4千元の化粧品使い放題!シェア化粧室はシェアエコノミーの救世主に?
画像ID  1058395
シェア自転車やシェア自動車、そしてシェア充電器に続き、北京・上海・広州などの大都市において、女性が化粧するのに便利な「シェア化粧室」がひっそりと流行の兆しを見せている。
シェア自転車やシェア自動車、そしてシェア充電器に続き、北京・上海・広州などの大都市において、女性が化粧するのに便利な「シェア化粧室」がひっそりと流行の兆しを見せている。初回利用の15分間が無料ということもあり、次第に多くの女性たちから歓迎されるようになってきている。とはいえ、シェアリングエコノミーのブームがだんだんと下火になっていくなかで、シェア化粧室のブームが高まる可能性はあるのだろうか?中国網が報じた。

現在、シェア化粧室が設けられているのは、全国で、北京、上海、広州、南京、杭州、武漢6都市のみだ。武漢のある商業施設の地下1階に設置されたピンク色の化粧室には、総額4千元(1元は約15.9円)相当の各種大手ブランドの化粧品がそろっており、利用者は自由に使用することができる。料金は初回利用の15分間は無料で、最高58元で利用時間は45分間以内と制限されている。カスタマーサービススタッフによると、初回利用の15分間が無料ということで、初回利用時間枠での利用者は多いが、それ以降も有料で利用するリピーターは、全体の10%前後にとどまっているという。

「90後(1990年代生まれ)」の女子大生の付名妃さんに取材したところ、「重慶にシェア化粧室があったとしても、私は使うことはないと思う。化粧品というものは、本来、極めて個人的な物品であり、多くの見知らぬ人で共用するとなると、衛生面での保障は得られないし、心理的にも心地良いとは言えないから」と感想を述べている。ネットユーザーからも、「他人が使った化粧品を使うくらいなら、化粧しない方がまし」や「私はちょっと受け入れられない」、「45分間で58元なんて、とんでもない」といった否定的なコメントが数多く寄せられている。

著名なインターネット評論家・丁道師氏は、「シェア化粧室は、非剛性需要(需給バランスが価格に影響しやすい需要)の一つである上、シェア化粧室を運営するためには、運営システムへの資金投入が必要となる。資金投入と収入との収支が取れない場合は、運営を続けることが難しくなってくる。この類のシェアビジネスは、ただの話題作りに過ぎず、実際に続けていくことは難しいだろう」との見方を示している。(編集KM)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事