香港地区と日本が協力覚書に調印

配信日時:2019年1月11日(金) 10時0分
画像ID 
香港特別行政区律政司(法務庁)と日本法務省は9日香港地区で、国際仲裁・調停分野での意思疎通、交流、協力の強化を目指す協力覚書に調印した。人民日報海外版が伝えた。

香港特区側は律政司普恵避免及解決争議弁公室、日本側は法務省大臣官房国際課が覚書の主要執行機関となる。香港側弁公室は調整措置を推進し、香港地区を理想的なハブとし、国際法律及び紛争解決センターとする後押しをする役割などを担っていく。(編集NA)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事









<