韓国・文大統領の「一風変わった」新年記者会見が話題に

配信日時:2019年1月11日(金) 12時40分
韓国・文大統領の「一風変わった」新年記者会見が話題に
画像ID  1058355
10日、韓国・中央日報は、文在寅大統領の「一風変わった新年記者会見」の様子を報じた。写真は韓国大統領府。
2019年1月10日、韓国・中央日報は、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の「一風変わった新年記者会見」の様子を報じた。

記事は、同日大統領府で行われた文大統領の新年記者会見について「質問権を得るために競う記者らの姿が異色だった」と伝えている。その理由は、会見場で文大統領がマイクの前に座るやいなや「私が直接、質問する記者を指名する」と述べたため。ただ最初の質問は、慣例に従って大統領府記者団の幹事である聯合ニュースの記者だったという。

その後、文大統領は約200人集まった国内外メディアの記者を自ら名指し質問を受けた。目立つために韓国の伝統衣装を着てきた記者の他、携帯電話や本、帽子を手にしながら質問のチャンスを得ようとする記者もいたという。

記者会見の様子は生中継され、ネット上などでは質問する記者らが話題に。京畿(キョンギ)放送の記者は所属を明らかにせずに「経済政策基調を受け継ごうという自信はどこから出てくるのか問いたい」と厳しい質問を投げ掛け、リアルタイムの検索語に浮上するほど注目を集めた。この質問に対し文大統領は「韓国社会が両極化や不平等の構造を変えない限り持続可能な成長が不可能という点は、今日の記者会見で30分にわたりお伝えした。新しい答えが必要とは思えない」と回答した。

当初80分間行われる予定だった記者会見は、予定時間を10分ほど過ぎて終わったという。

これを受け、韓国のネットユーザーからは「記者たちも含めて、他のどの時とも違う記者会見だった」と驚く声が上がった。中でも多かったのが、京畿放送の記者に対する「よかった!」「最高!」「京畿放送の記者のような人が10人いたら、メディアはここまで落ちなかったことだろう」などの称賛コメントで、文大統領の返答に対しては「味方だと思って指名したら『事実』を指摘されてビックリしたようだね。しかもあいまいにぼやかして切り抜けてた」「大統領選の討論の時も『なぜ私に聞くのか』と回答して非難を浴びてたよね」など厳しいコメントが見られた。

中には、リアルタイムの検索語について「大統領の新年記者会見が行われている間、検索語の1位は『スタバの福袋』だった。この国のことだもん。国のことをあれこれ言ったところで、政治に関心ある数人が騒ぎ立てるだけ。ほとんどは無関心で知りたがらない。そのくせ主権者が国民とは(笑)」と述べ、国民の関心の薄さを皮肉るユーザーもいた。(翻訳・編集/松村)
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事