徴用工差し押さえで日本が韓国大使を呼び出し、意見分かれる中国ネット

配信日時:2019年1月10日(木) 18時20分
徴用工差し押さえで日本が韓国大使呼び出し、意見分かれる中国ネット
画像ID  1058327
10日、外務省の秋葉剛男事務次官が韓国の李洙勲駐日大使を呼んで「日韓請求権協定」に基づく協議開催を要請したとのニュースに、中国のネットユーザーが反応を示している。資料写真。
2019年1月10日、韓国最高裁が新日鉄住金への賠償金支払いを命じた元徴用工訴訟問題で、外務省の秋葉剛男事務次官が韓国の李洙勲(イ・スフン)駐日大使を呼んで協議開催を要請したとのニュースに、中国のネットユーザーが反応を示している。

中国・環球時報は10日、新日鉄住金の資産差し押さえを認める韓国裁判所の通知が同社にすでに届いているとした上で、「9日、秋葉事務次官が李大使を呼び、『日韓請求権協定』に基づく協議開催を要請した」と説明。取材に応じた大使が「韓日関係は非常に困難な状態」と語ったとも伝えた。

これに対し、中国のネットユーザーからは「韓国のやり方を支持する」との声が上がる一方、「韓国の態度は強硬」「この先、韓国に日本からの投資はあるだろうか」「中日韓の経済協力が…」などの声も聞かれた。(翻訳・編集/野谷
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事