Record China

ヘッドライン:

木村拓哉は真面目すぎる?「ありがとう。でもなんだか申し訳ない気持ちに…」―中国ネット

配信日時:2019年1月10日(木) 20時10分
拡大
9日、中国版ツイッターに木村拓哉について「最も真面目に微博を更新する日本のスター」との書き込みがあり、話題となっている。写真はSMAPの2011年北京コンサート。

2019年1月9日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に、木村拓哉について「最も真面目に微博を更新する日本のスター」との書き込みがあり、話題となっている。

木村拓哉は18年12月22日に微博のアカウントを開設して以来、かなりのハイペースで更新しており、すでに17件の投稿がある。正月特番「さんタク」の明石家さんまや映画「マスカレード・ホテル」で共演する長澤まさみの写真、ジムでのトレーニングの自撮り写真、ロケ現場の写真、「日本に来たらぜひ浅草に」など、バラエティーに富んだ内容となっている。1日に2~3件投稿することもあり、少なくても数千件、多い時には2~3万件のコメントがついている。

木村拓哉の更新ペースについて、中国のネットユーザーからは以下のコメントが寄せられている。

「ものすごく感動。でも自分が白嫖(ファンと言いながらお金を注ぎ込まない人)のように感じる」

「なぜか日本のファンに申し訳ない気持ちになる」

「(リツイートのために)日本のファンも微博を開設するかも」

「神は何をやっても神だ」

「仕事の一つとしてやってくれてそう。超真面目だ」

「真面目すぎてほかの人が投稿してるんじゃないかと疑うレベル。本人じゃなく、スタッフが更新してるとしても、優しすぎる!」

「うちの小栗旬はいつになったらつぶやくのか」

「小栗旬は微博アカウントを開設したことすら忘れてるかも」

「更新ペースGACKT超え」

「片寄涼太も負けてない。自分で更新してるし、中国語レベルもどんどん上がってる」

「神がこんなに微博を更新してくれるなんて思いもしなかった」

「日本のファンも読みにきてるに違いない」(翻訳・編集/藤井)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング