なぜ?中国の亥年はたった354日、次の子年はなんと384日に―中国メディア

配信日時:2019年1月11日(金) 9時50分
なぜ?中国の亥年はたった354日、次の子年はなんと384日に
画像ID  1058289
8日、新華網は、「旧暦の亥年は2020年1月24日までの計354日。だが、その次に来る子年は年384日ある」と報じた。資料写真。
旧暦で新年を祝う中国の人々の亥年は来月5日に始まる。8日付の新華網によると、旧暦の亥年は2020年1月24日までの計354日。だが、その次に来る子年は年384日あるそうだ。

「戌年も亥年も年354日だが、子年は384日になる」と説明するのは、天津市天文学会理事の趙之[王行](ジャオ・ジーヘン)氏。趙氏は「現在、世界で使われている暦法には太陽暦、太陰暦、太陰太陽暦の3種類がある」とし、「太陽暦の平年は365日で、うるう年は366日。太陰暦は月の満ち欠けに基づいていて1カ月の平均日数は29.5306日。12カ月なら354.3672日となり、太陽暦より約11日少ない」と説明。「このズレを調整するために太陰太陽暦、つまり旧暦では『19年7閏』という方法が用いられている」と紹介した。

これは19年間に7回、うるう月を加えるというもので、その年は1カ月増えることにより年間日数が383~385日になるそうだ。(翻訳・編集/野谷
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2019/01/12 09:30)

    明治維新からしばらく、日本でも太陰暦だったから、閏月を加えて一年が13ヶ月だったらしい。 役人も含めて、大方の労働者は「月給」制だったもんだから、他の月より少ない日数の閏月も月給が満額貰えたそうだ。 で、太陽暦に改めるとき一年が12ヶ月になっちゃったもんだから、かなり残念な空気が世間に満ちてたんだとか。企業や官公庁は出費を抑えられたから万々歳だったようだけどね。 太陰暦は色々と面倒事が多かったから、昔は暦法を司るのは陰陽師なんかの専売特許だったそうだ。 現代では閏月なんかの面倒は無いけど、太陽暦を太陰暦に換算したり、一部の占いなんかでは必須の技能になっている。一般人には早見表がないと、何が何やら分さっぱり分からんね。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2019/01/11 16:40)

    日本でも江戸時代までは旧暦(太陰太陽暦)を使用してきた。そのため1ヶ月が30日の〈大の月〉と29日の〈小の月〉に分かれていた。しかし『どの月が大でどの月が小か』は前もって決まっておらず、その年の暦(こよみ)を見ないとわからなかった。また〈うるう月〉も何月を2回にするか暦が出来るまで決まっていない。それだけ暦は重要なもので、その作成には綿密な〈天体観測〉が必要だった。明治になって新暦(太陽暦)に改まった理由のひとつが、天体観測に要する手間を省くことにあったらしい。一年が365日か366日に固定されれば、星の動きでズレがないか確認する必要がないからだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事