2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

<サッカーアジア杯>中国のGL突破がかかる大事な次戦、主審は「なじみ」の日本人―中国メディア

配信日時:2019年1月11日(金) 10時20分
<サッカーアジア杯>中国にとって大事な次戦、主審は「なじみ」の日本人
画像ID  1058242
10日、新浪体育や網易体育など、複数の中国スポーツメディアは、サッカーのアジアカップ第2節の中国対フィリピン戦の主審を、中国国内リーグの試合にしばしば招待されている日本人レフェリー・木村博之氏が務めると報じた。資料写真。
2019年1月10日、新浪体育や網易体育など、複数の中国スポーツメディアは、サッカーのアジアカップ第2節の中国対フィリピン戦の主審を、中国国内リーグの試合にしばしば招待されている日本人レフェリー・木村博之氏が務めると報じた。

7日に行われたグループC第1節のキルギス戦に2‐1で逆転勝利した中国は、11日のフィリピン戦に勝てば、状況次第で最終節の韓国戦を前にグループリーグ(GL)突破が決まる。

記事によると、ドイツの移籍情報サイトであるトランスファー・マーケットの中国エリア管理者を務める朱芸(ジュー・イー)氏が「36歳の日本人主審、木村氏がフィリピン戦の試合を裁く。木村氏は2013年の中国サッカー協会カップ決勝戦で主審を務めたほか、何度も同協会から招待を受けて中国スーパーリーグの試合でホイッスルを吹いてきた。2012年から2015年に主審を務めたスーパーリーグの6試合では、計33枚のイエローカード、3枚のレッドカードを出し、2回PKを与えている」とコメントした。なお、アジアカップ大会組織委員会もこれを認めているという。

記事は、対戦相手のフィリピンについて「第1節で強豪韓国に敗れたが0‐1と善戦した。チーム全体のディフェンスやまとまりはキルギスよりも上であり、密集したディフェンスをいかにして打ち破り、誰がゴールを決めるかがリッピ監督の考えどころだ」と解説。キルギス戦で負傷したFW武磊(ウー・レイ)がフィリピン戦に出られるかどうかが微妙な状況であることにも触れた。(翻訳・編集/川尻
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事