【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

海南省で従来型自動車の禁止方針が明確に、ハイブリッド車も対象か―3月1日に条例施行

配信日時:2019年1月11日(金) 0時10分
海南省で従来型自動車の禁止方針が明確に―3月1日に条例施行
画像ID  1058238
海南省はガソリン車やディーゼル車など従来型の「燃料自動車」の販売を禁止していく方針を明らかにした。ハイブリッドカーも燃料自動車と見なされる可能性がある。写真は電気自動車を製造販売する米テスラの中国における販売店の様子。
海南省は3月1日、「大気汚染防治条例」を施行する。同条例はガソリン車やディーゼル車など従来型の「燃料自動車」の販売を禁止していく方針を明らかにしている。同省メディアの南海網が2019年1月9日付で伝えた。ハイブリッドカーも燃料自動車と見なされる可能性がある。

「条例」は、「石炭やその他のエネルギーによる汚染防治」「工業汚染防治」「機動車船などの汚染防治」「粉じん巻き上げによる汚染防治」「農林業その他の汚染防治」などに分かれ、それぞれ具体的な方針が盛り込まれている。

「石炭やその他のエネルギーによる汚染防治」では、石炭の燃料使用を減少させるとともに、基準に合致しない石炭の購入などを禁止する。「工業汚染防治」では、ネガティブリスト作成によりエネルギー大量消費型、汚染排出型の産業を全面的に禁止する。

「機動車船などの汚染防治」では、省政府が新エネルギー車の推進計画を作成し、省政府および省内の市や県の政府が同計画を進めることで、ガソリン車やディーゼル車など従来型の自動車の販売の販売を禁止していく。同時に、電気自動車の充電ステーションの建設などを加速する。

なお、新エネルギー車(新能源汽車)とは中国でよく用いられる用語で、これまで電気自動車(EV)、燃料電池車、ハイブリッドカーを指すとされてきたが、2019年1月10日施行で全国に適用される「汽車産業投資管理規定(自動車産業投資管理規則)」では、ハイブリッドカーとプラグインハイブリッドカーが従来型の「燃料自動車」に分類された。

海南省でも、ハイブリッドカーは従来型の自動車と見なされ、各種制限が厳しくなっていく可能性がある。

海南省の「条例」は、省内の市や県の政府および政府責任者に対して、待機の質の改善目標や汚染防止の実現状況を成績考課の重要な部分にすると明記した。中国では末端の行政区画における責任者選出以外に住人による普通選挙は実施されておらず、「上部」からの評価で昇進や降格が決められる。

同「条例」に、「成績考課の重要な部分」と明記されたことは、中央の意向も反映した、海南省政府の大気環境問題に取り組む強い姿勢を示したものと理解できる。(翻訳・編集/如月隼人
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。

【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事